2018年4月

保育園給食で気を付けている汚染お肉の正体とは?

2018年4月25日

こんにちはー!

きんえもん

 

 

 

 

 

みなさんが普段食べているお肉

どんなお肉を食べていますか??

 

 

 

鶏肉

 

豚肉

 

牛肉

 

 

メインはここだと思います!

 

 

 

この肉・・・・

 

実は色々な加工のされ方があるのは

ご存じな人も多いはず・・・

 

 

 

 

 

では今回のテーマとして

保育園給食で気を付けている汚染お肉の正体とは?

というテーマで進めていきますね(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて・・・・

 

 

本題にうつりますが、

今回の内容はトラウマになる可能性もあります。

 

汚染肉とはどんなものなのか知りたい方

本質を見極めたい方は閲覧していただいて大丈夫です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーン牛

 

 

牛はいつも何を食べて育っているでしょうか?

 

それは草です。

 

草食動物なので草を食べてたんまり脂肪と筋肉を蓄えていくんですね!

 

 

 

 

ですが、アメリカ産では【コーン牛】というものが

主流になりつつあります。

 

コーン牛とはまさしく、

とうもろこしを食べて育つ牛。

 

 

 

 

 

 

え、危険じゃないやん!!

 

 

と思うかもしれませんが

 

このコーンは

数々の遺伝子組み換えにより、

放置してても勝手に育つような

人間が食べると病気になってしまうようなコーンを

主食として食べています。

 

元々、牛はコーンを食べれませんので

牛たちは抗生物質を注射されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病気にならないように。

 

 

 

 

 

 

 

 

こうした牛は日本に出荷され、食べられています。

牛を食べすぎるとダメだよ!と言われる背景には

こういった裏事情も隠れているので

是非とも気を付けていきたい内容ですね(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偽脂肪

 

 

 

 

牛は綺麗な白色の脂身にしまった赤色の赤身が

いい具合のコントラストで焼く前からも

「おいしい!」と言ってしまうような印象ですが

 

 

 

 

 

 

この脂身、本物ではありません。

 

 

 

 

 

 

一部の肉だとは思いますが、

外国から出荷する肉の中で脂身を化合して作り、

それを注射して白と赤のコントラストを出したり

 

水と牛脂を混ぜた【ピックル液】と呼ばれる液体を

肉の塊に注射し、綺麗に分離させたりして

牛肉は出来ています。

 

 

 

 

 

 

写真を載せますが、見たくない方は飛ばして下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

o0600045012650389732

機械により分離を行い、牛脂へと変化します。

 

 

こういった肉のことを

インジェクションビーフ】と呼ぶそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウボーイのベジタリアン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さん・お父さんは初耳だとは思いますが

アメリカでは

カウボーイのベジタリアン】という人が存在します。

 

 

 

 

 

 

 

何がおかしいの?

と思うかもしれませんが

 

 

 

カウボーイとは、牛使いであり、

要は牛を飼って卸している人です(`・ω・´)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捉え方によっては

牛を飼う人が牛を食べるのを躊躇しているだけ

かわいそうだから食べれない

 

 

 

 

 

 

 

というとらえ方もありますが

 

実は【隠された秘密が多すぎる為に】ベジタリアンなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、お母さん・お父さんに聞きたい内容があるのですが

 

 

 

牛ってどこまでを食用と出来ますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は、腸や内容物、頭部、ひづめ、そ して角などで、骨や血以外です。

他にも詳しく言うとあるのですが上の内容は基本的に牛の重量の半分近い重量を取られてしまっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

これらは「食べられない」

ですがこれらはまた新たな牛へと変わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新たな牛に変わるというのは

これを脂肪精製機に全て投げ込むのです。

レンダリング・プラント】という所に投げ込まれ、

全てが混ぜられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして死んだ牛なども全てです。

 

 

 

 

 

 

 

病気の牛もです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死んだ牛や病気の牛は丸ごと投げ込まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内容物もなので糞便も全てです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは一体なにが新しい牛へとつながるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは【エサ】です。

 

 

これらはまた牛のエサへとなります。

 

 

さっき言っていたコーン牛とはまた異なる牛ですね。

 

 

 

 

 

 

 

牛は気付かないうちに牛を食べています。

昔、アメリカで狂牛病が蔓延したのも

これが原因だと言われいます。

 

 

 

 

 

 

これはれっきとした【商売】として確立されていて

アメリカのこのレンダリングビジネスでは

年間で24億ドルものお金が動いています。

 

 

 

それだけ切ろうと思っても切れないような需要があるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真を載せますので、見たくない方は見ないでくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

o0720054012650389733

 

o0640047912650389731

 

 

驚かせるつもりは無いです!!

本当の裏側を知って欲しくてこのような写真を載せました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食に関しては

「本物じゃない情報」

「本物の情報」

本物だけどメディアでは報道しない情報

本物じゃないのにメディアでは報道される情報

 

様々あります。

 

 

 

テレビなどでは基本的に

危険をあおって商品を買わせようとする

という手法を使っています。

 

 

これは商品戦略であり、

元々あった効能を「改めて言うことで」

あたかも良いという印象を与えているのです。

 

 

 

 

 

豆腐はこんな効能が・・・!!

 

あずきにはこんな効能が・・・!!

 

 

こんな番組であったり

 

 

 

 

「あなたのそれ、危険かもしれませんよ・・・

でもこれを食べれば大丈夫!何故ならこれは~~~」

 

というような番組もありませんか?笑

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに一理あるので間違いでは無いと思いますが

本当に合っているのか調べるには

自分が学ぶことしかありません。

 

 

 

 

 

食品にまつわる話なんて、

なかなか調べようと思っても調べれないですよね(=`ェ´=;)ゞ

 

 

そう、きんえもんは思っているので

 

ちょっと怖い話でしたが今回の内容をお送りしました!

 

 

 

 

 

きんえもんブログをあまり神経質に気にされると

頭が痛くなっちゃうので

ある程度は見て見ぬふりをしても良いかもしれないです。笑

 

 

桜北町保育園での給食では安心安全の給食を

これからも提供していきます(・∀・)♪

 

 

 

 

 

シェア

 

投稿日: カテゴリー スタッフブログ

本当に危険な子育て、子どもの将来に関わる現代社会に潜む闇

2018年4月24日

こんにちは(^O^)

 

 

 

 

マツゲ園長です!

 

 

 

 

今回のテーマは・・・

 

 

 

 

求人ブログ

 

 

 

です!

 

 

 

 

まずはこちらの動画をご覧ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

◎秘密主義で人を信じれない子は、親の短気な怒りっぽさが原因かもしれません。

 

 

 

◎怒りっぽくかんしゃくを起しやすい子は、親が充分に注目していないせいかもしれません。

 

 

 

◎他の子を羨ましがったり、嫉妬してばかりの子は親が周りの子と比べているからかもしれません。

 

 

 

◎恥ずかしがり屋で優柔不断な子は、親が一人でできるはずのことを何でも手伝ってしまっているせいかもしれません。

 

 

 

◎他人を尊重できない子は、親が本人の気持ちを考えずに何でもやることを指示してしまっているせいかもしれません。

 

 

 

◎乱暴な子は親や家族を見てマネをしている可能性があります。

 

 

 

◎欲しいものをなんでも買ってあげているのに、他の子のおもちゃを取ろうとするのは、自分で遊ぶ権利を与えていないからかもしれません。

 

 

 

◎うそをつく子は、厳しく叱りすぎているからかもしれません。

 

 

 

◎困ったときに自力で立ち上がれない子は、他の子の前で厳しく叱ったせいかもしれません。

 

 

 

 

 

子どもの個性を否定し、やりたいことを押さえつけるという事

 

 

 

 

自分の意見がない

 

 

 

 

やる気もなければ、何もしたくない、何をしていいのかわからない

 

 

 

 

大人になってこういった状況になるのは本人のせいでしょうか?

 

 

 

 

親の責務として、かけなければならない言葉がけをせず

 

 

 

あれしなさい

 

 

 

これしなさい

 

 

 

 

習い事をすれば、なんでできないの?

 

 

 

宿題はもう済んだ?

 

 

 

うちの子はこうだから

 

 

 

 

0歳児から英会話をすれば、耳が慣れて英語を話せるようになると聞いた、だから習わせよう!

 

 

 

 

こんな子育てしていませんか?

 

 

 

 

もしくはこんな保育園で働いていませんか?

 

 

 

 

マツゲ園長は帰宅する際、塾に行く子ども達にたまに会います。

 

 

 

 

彼らは浮かない顔をし、あかあかと眩しい塾の教室に入っていきます。

 

 

 

 

きっと休み時間はゲームの話で盛り上がり

 

 

 

 

きっと楽しいことがなんなのかわからないまま

 

 

 

 

親の言われるがままに勉強し

 

 

 

勉強をしなければ怒られ

 

 

 

すごく窮屈な中、頭でっかちに育っていってしまうのではないか

 

 

 

そう感じてしまいます。

 

 

 

 

マツゲ園長はこの前の日曜日に子どもと二人で公園へ行きました。

 

 

 

 

そこでは日曜日に公園へ駆り出されたお父さんたちばかり(笑)

 

 

 

 

一見はみなさんお仕事疲れの中、日曜日に子どもと一緒に遊んでいる、すごく和やかな光景でした。

 

 

 

そこへある夫婦と1歳半くらいのお子さんがやってきました。

 

 

 

 

私は砂場におり、砂場にはまたお父さんと来ている1歳半くらいの別の子どもがいます。

 

 

 

 

夫婦のお父さんお母さんはすごく優しそうなお二人で、滑り台でお子さんを見守っています。

 

 

 

するとそこへ一人の少年がやってきました。

 

 

 

だいたい、小学校2~3年生くらいの子です。

 

 

 

その子は夫婦の内、お父さんの方がボールを持っていたボールを、持っていたのにも関わらず蹴ったり、砂をかけたりしています。

 

 

 

私はてっきりその夫婦の息子だと思っていました。

 

 

 

何故なら、そのお父さんは何も言いません。

 

 

 

お母さんの方も何も言いません。

 

 

 

ただ、自分の子を見ているだけ・・・

 

 

 

その子は滑り台も何回も何回も全く他の子も気にせず順番をぬかし、何回も何回もしています。

 

 

 

さらに私の横にいる砂場で遊ぶお父さんと1歳半の子のおもちゃを取り、勝手に自分で遊びだします。

 

 

 

そこでそのお父さんも注意はせず、自身の子を違う場所へ連れて行き、違う遊びをし始めました。

 

 

 

乱暴な男の子は人のおもちゃで遊び、片付けもせず、最後はあきて、おもちゃを投げてまた滑り台をし始めました。

 

 

 

するとなんと、また夫婦のお父さんに向かって砂をかけ始めたんです。

 

 

 

そこで私は初めてこの乱暴な子は夫婦の子ではないのではないかと疑問になりました。

 

 

 

そして、夫婦に尋ねました。

 

 

 

「この子はお子さんでしょうか?」

 

 

 

すると思ってもみない答えが返ってきました。

 

 

 

「違います!ほっといてあげて、そっとしてあげてください。」

 

 

 

私はその子にすぐに言いました。

 

 

 

「君は何を考えているのかな?小さい子のボールを蹴ったり、砂をかけたり、おもちゃを勝手に使ったり、もう少し周りを見て遊ぶことできるよね?」

 

 

 

少年はこう答えました。

 

 

 

「なんで?意味わからんし!」

 

 

 

私の中の苛立ちの根源は2つありました。

 

 

 

一つはこの子に対して

 

 

 

私や私の子自体に何かされたわけではありません。

 

 

 

しかし、この子の親はなんという育て方をしているのだろう。

 

 

 

なんでこの子はこうなってしまったんだろう。

 

 

 

もう一つは、この公園にいる誰もが何も言わず、その光景から目をそむけていること。

 

 

 

とりわけ、この夫婦に関しては、何か大きな勘違いしているように思えました。

 

 

 

 

「違います!ほっといてあげて、そっとしてあげてください。」

 

 

 

 

え?

 

 

 

何を言っているのでしょうか。

 

 

 

 

おかしな事を言っていると全く分かっていないと感じました。

 

 

 

 

むしろ、子どものすることだからむきになるのは・・・とでも言いたいのでしょうか。

 

 

 

私はこの親にも憤りを感じていました。

 

 

 

そして、自分の子どものおもちゃを使いたい放題乱暴に使ってその場から遠ざかったお父さんにも

 

 

 

その間違った我慢が、その違うことを違うと思えない、言い出さない大人が

 

 

 

子どもにどんな正しい正論で教育して、習い事やなんやらさせて

 

 

 

何が正解なんでしょうか。

 

 

 

意味ありますか?

 

 

 

また同じことを繰り返す同じような大人にだけじゃないでしょうか。

 

 

 

いや、これは間違っている

 

 

 

おかしい

 

 

 

私はそう感じていました。

 

 

 

もし、これが社会でたとえば大企業の中の事だったら

 

 

 

言葉ややり方、人使いに乱暴な人がいて

 

 

 

なりふり構わず同じような事をしていたら

 

 

 

皆さんならどうしますか?

 

 

 

見て見ぬふりをしますか?

 

 

 

「ほっといてあげてください」で済みますか?

 

 

 

ほっとけないとかいうおせっかいの感情とかでないから

 

 

 

まず自分の事だけと考えている感情がもはや間違っている

 

 

 

見ている周りは気分悪いし、あなただけの問題ではない

 

 

 

最後は何かあったら法律が守ってくれるのでしょうか?

 

 

 

理解ができませんでした。

 

 

 

おそらく、時代の流れや流行りによって、今後もっともっと人々は流されます。

 

 

 

子どもの教育や保育のあり方もめまぐるしく変化が求められていくでしょう。

 

 

 

でも子育てや保育の根源はまず心の在り方から見直さないといけません。

 

 

 

習い事だけを重視している親になっていませんか?

 

 

 

働いている保育園で力を入れていることが習い事だけになっていませんか?

 

 

 

考え直してください。

 

 

 

何をするか、何ができるようになるかではありません。

 

 

 

どうしたいのか、どうなりたいのかです。

 

 

 

それは大人も一緒だと思います。

 

 

 

現代社会の中に潜むこの闇は、いくら学校教育の中に何か抜本的な教育改革を取り込もうが

 

 

 

ますは親の子へ対する意識を変えなければ相対的な改革にはなりません。

 

 

 

例えグローバルに活躍する人材が増え、素晴らしい人材がこういった強制教育により出てきたとしても

 

 

 

日本人の感覚は孤立し続けると思います。

 

 

 

人間的に終わってる大人になると思います。

 

 

 

見かけだけの、見せかけだけのかっこいい大人にはなりたくない。

 

 

 

そんな思いです!!!!

 

 

 

そうなりたくない!と思う保育士さん、そして親の皆様!

 

 

 

是非、桜北町保育園グループへ!!!

投稿日: カテゴリー 最新求人情報

保育園給食で気を付けている調味料の落とし穴

2018年4月17日

 

こんにちはー!

きんえもん

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、少しお久しぶりです!笑

 

 

家庭での調理をするとき、

調味料を使いますよね??

 

 

何気なく使う調味料

 

 

 

 

実はこの調味料でも隠された真相があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はその調味料の落とし穴について

触れていきたいと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調味料最大の落とし穴

 

 

 

【添加物調味料】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調味料には食材から搾取する以外の

いわゆる【調味料の調味料】が使用されています。

 

 

企業はコストを抑えることが優先になるので

 

 

 

 

 

醤油も大豆から作られる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハズなんですが・・・・

 

実は大豆を絞って使った後の大豆を使用して

しぼりカスを使用した醤油

という醤油も売られています。

 

グルタミン酸ナトリウムで旨味を加え

増粘多糖類でコクを加え

甘味料、酸味料、カラメル色素、保存料を加え

醤油という名のニセモノの出来上がり。

 

 

 

 

 

安価で提供しようとなると

それだけ何かを削らないといけないことは

お母さん・お父さんには知っていただきたい。

 

 

 

こういった醤油は1L100円で売られていたりしますので

目安となるのはそこを基準にしていただくのも

良いかなと思います!!

 

 

 

 

 

調味料は基本的に安かろう悪かろう。

食材、例えば野菜などは収穫してから

日にちが立てばいいものでも叩き売りがありますが

調味料などには叩き売りはほとんど存在しません。

 

元から安いということは

それだけ何かを化合しているのです。

 

 

 

 

 

こういったものは

「~~~風調味料」

と明記があります。

 

なになに風、ということだけあって

それではありません。

 

醤油風調味料

みりん風調味料

料理酒風調味料

 

こういった「~~風」は

添加物をい~~~~~っぱい投入して

できていますので

それを我が子に提供するとなると・・・・??

 

 

 

 

 

怖いですよね。

 

しかもこういったものはアトピーの引き金になるので

ぜひとも気を付けて欲しいですね!

 

 

 

「~~風調味料」で使用されている化学物質を挙げてみましたので

良かったら参考にどうぞ!!

 

 

脱脂加工大豆(油を取った絞りかす)

アミノ酸液

5’-リボヌクレオチドナトリウム

グリシン

ブドウ糖果糖液糖

甘草

ステビア

サッカリンナトリウム

CMC-Na(増粘多糖類)

カラメル色素

乳酸

コハク酸

安息香酸ナトリウム

 

 

 

 

 

きんえもんにもサッパリです!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ調味料でも製法や原材料は全然違います。

 

 

 

 

原材料表示を見ていただくと分かりますが

物凄く違います!!

 

ビックリするほど!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

子供にとって良いことはどれだけ本物を提供できるか

ここは大事だときんえもんは思います。

 

 

 

値段との折り合いもつけないといけない部分なので

各家庭の食材のお財布と相談が必要になってきますが

知って選択する」と「知らなくて選択してしまう」のは

大きく違うことだと思うので

また1つの知識として蓄えていただければなと思います♪

 

 

今回紹介したのは「~~風調味料」の話でした!

ちなみにみりんや料理酒の「~~風調味料」は

酒税がかからない】というのがポイントですので

酒税がかからない分安いけども危険

そういった認識で価格を見比べてみても

面白いかもしれませんね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

調味料の他にも脂を注入したお肉なども危険です。

 

ここに関しては次の記事で紹介しますね!

 

 

 

 

 

シェア

投稿日: カテゴリー スタッフブログ

寝れない保育士さん達絶対見て!音を感じるの体の七不思議!

2018年4月17日

お久しぶりです!

 

 

 

大変長らく更新をさぼっていました(・_・;)

 

 

 

怒涛の3月を終え、久しぶりの更新になります!

 

 

 

 

 

今回のテーマは・・・

 

 

 

 

寝れない保育士さん達絶対見て!音を感じるの体の七不思議!

 

 

 

 

 

です!

 

 

 

先ほどもお話ししましたように、どんな保育園でも3月の年度末はかなりの忙しさだと思います!

 

 

 

 

 

保育士さん、そして裏方をされている事務の方、園長先生

 

 

 

 

お疲れ様でした!

 

 

 

 

マツゲ園長もなんとかかんとか3月度を乗り切り、新入園児さんの慣らし保育を終え

 

 

 

 

今にいたるという感じなのですが、ある問題にぶち当たってしましました。。。

 

 

 

 

 

寝れない

 

 

 

 

ぜんッ全夜寝れないんです(笑)

 

 

 

 

 

これはあくまで憶測なのですが、3月度の忙しい中で、毎日Todoリストを作成し、片っ端から片付けていました!

 

 

 

 

そしてやりきった今

 

 

 

 

帰宅して、いざ眠ろうとしても全く自分スイッチが切れないんです(*_*)

 

 

 

 

そこでマツゲ園長調べました!

 

 

 

そしてある結果にたどり着きました!

 

 

 

 

 

脳みその活動がきっとオフにならないようになっている!

 

 

 

 

交感神経がフル回転しているんだ!

 

 

 

 

  • 交感神経・・・活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時にはたらく
  • 副交感神経・・・休息している時、リラックスしている時、眠っている時にはたらく

 

 

 

 

ようなので、この交感神経を刺激せず快眠できる方法を模索していました!

 

 

 

 

そんな中、おもしろいものに出会い、すぐに実践!

 

 

 

 

それは・・・

 

 

 

 

 

519mLDWiksL

 

 

 

 

 

 

モーツァルトさん

 

 

 

 

CDなんか中学校以来買ったことありませんでしたが、Amazonで即購入!

 

 

 

 

 

何故即購入したかの経緯をお話しします!

 

 

 

 

 

このモーツァルトのCD達

 

 

 

 

 

よく見ると、自律神経を整える4000Hzと記載しております!

 

 

 

 

4000Hz??

 

 

 

 

そう、ここが重要なのです!

 

 

 

 

即購入する前にこんなことを調べました!

 

 

 

 

 

名称未設定 2

 

 

 

 

 

 

 

実は体の部位によって、体が感じる音の周波数が違う!という事でした!

 

 

 

 

 

おしりは250Hz

腰は500~750Hz

胸は750~2000Hz

首は2000~3000Hz

そして頭は4000~6000Hz

 

 

特に副交感神経を刺激し、緊張の緩和を最大限に引き出すHzだという結果があるそうです!

 

 

 

 

4000Hzってどんな音!?思われる方は下記の動画を参照ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんまりイメージつきにくいかもしれませんが、例えばのお話しをすると

 

 

 

 

 

目覚まし時計の音!

 

 

 

 

あの音はかなりやかましい音になっていますよね!

 

 

 

 

やかましいと思うように設定されているのではなく、脳に直接刺激するような周波数で設定されている!

 

 

 

 

だからメーカーによっても目ざまし時計によって音は違いますが、目を覚ます時計になっているんですね!

 

 

 

 

 

 

これを見てモーツァルトさんを即購入!

 

 

 

 

 

 

ところでということで、余談になりますがモーツァルトさんはどんな曲があるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これよく聞く曲ですよね!

 

 

 

 

 

実はモーツァルトさんでした!

 

 

 

 

 

そんなこんなでCDを購入し、聞いて寝ると・・・

 

 

 

 

なんと・・・・

 

 

 

 

 

快眠~

 

 

 

 

 

なんかモーツァルトさんを信じ過ぎていたからかもしれませんが、めっちゃ快眠ッ!(^^)!

 

 

 

 

 

これから5月に向けてポカポカあたたかくなり

 

 

 

 

 

新社会人の保育士さん達も晴れて社会人1年目でちょっと慣れだしたころでしょう!

 

 

 

 

考え事も多く増え、夜寝れない保育士さん!

 

 

 

 

モーツァルトさんに頼ってみてはいかがでしょうか!笑

 

投稿日: カテゴリー 最新求人情報

子ども達が大好きな食べ物にまつわる3つの危険

2018年4月13日

こんにちはー!

きんえもん

 

 

 

 

花見のシーズンも終わりに近づいたので

通常通りのきんえもんで行きます(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のテーマは

子ども達が大好きな食べ物にまつわる3つの危険

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんですが、

今日は知って得する話ではありません!

実質的に得にはなるかもしれませんが

どちらかというと恐ろしい分野の紹介です(=`ェ´=;)ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども達が大好きな食べ物にまつわる3つの危険

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

謎の鶏肉

 

 

よく皆さんが食べている鶏肉

鶏は比較的成長もしやすく、育てやすく

家庭にも馴染みがある食材ですよね!

 

 

 

 

 

通常は産まれてから2か月~3か月ほどで

出荷をされるみたいなんですが

 

 

 

 

 

 

 

この謎の鶏肉

 

 

 

 

 

 

 

およそ40日で丸々太った鶏さんになります。

 

 

 

 

 

これは単に成長が早い鶏達を集めたわけではありません。

促成チキンと呼ばれ、

成長ホルモンを打たれた鶏が中国の方では取り扱っています。

 

この促成チキン、

一躍「ケンタッキーフライドチキン」に使用されていると

有名になったということもあります。

 

 

中国で出荷される鶏達は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何の検査も受けません

 

 

 

 

皮肉なことに

農薬やこういった薬は

悪ければ悪いほど安価です。

 

安価な上に成長まで促進してくる

 

 

 

 

 

そして中国では市場みたいなものは存在しないらしく

買い手や仲介は既に決まっているそうです。

そして物に関わらず、1匹何元という形で

出荷すればするほど儲かる仕組みになっているそうです。

 

 

なので中国では品質で競うことは少なく、

安価で多く出荷できる道を通ると

きんえもんは聞いたことがあります。

 

 

 

 

 

中国スイカの爆発事件は知っていますでしょうか?

 

 

これも成長ホルモンをスイカに売って

販売しようとした中国の業者が

出荷前にスイカ畑の3分の2ほどが全て爆発したそうです。

 

成長ホルモンの打ちすぎで耐え切れず爆発したそう。。。

 

 

 

この成長ホルモンスイカはかなり危険な薬物を使用していて

中国で何十人も吐き気やおう吐に悩まされているそうです。

 

 

 

中国が悪い!という訳ではありませんが

貧困差によって生じた穴が今も埋められることのない体制であるが故に今もなお、こういった流通の仕組みになっている訳なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加工食品

 

 

よく市販でも売られている加工食品

 

裏面をパッとみると日本のメーカーの名前が書いてあり、

「おー、安心安心!!」

 

と買っていませんか?!

 

 

 

 

 

 

 

実は加工食品には落とし穴があります。

 

 

 

 

これは製造レベルと呼ばれるものがあり、

例えば先ほどの例でいくと

 

 

 

 

パターン1とするならば

 

中国から促成チキンを輸入する

中国で加工する

必要部位の切り分けを行い、出荷する

日本に届く

消費者に届く

 

 

 

パターン2は

 

中国から促成チキンを購入する

そのまま出荷する

日本の工場で生きた鶏達を加工する

消費者に届く

 

 

 

 

加工品にはこういった流れがあります。

 

促成チキンを買う前提になっていることは置いておいて・・・

 

加工をどこでするのか?

もし中国で加工までされていたら

保冷機能の無いまま半腐りの状態で

食材が来ているかもしれません。

 

 

 

 

 

 

マクドナルドのナゲット

 

 

こちらは別名【ピンクスライム】と呼ばれ

mig

(※実際のナゲットの肉の写真です)

 

一体何を混ぜたのか分からないようなものを

肉として使用していたのは最近問題になりましたね。

 

 

 

 

 

加工レベルがどの程度なのか?

しっかりと生きた状態で日本に届き、そこで加工しているのか?

 

そういったことも危険察知の1つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常温便

 

 

 

先ほどまでは肉類の話でしたが

 

今度は野菜の話です。

 

 

 

野菜は通常、土の中に根っこをはっていれば

常温やすごい灼熱でも耐えることが出来ます。

 

根菜類に関しては逆に収穫したてはあまり美味しくなく、

少し熟らしてから食べることがあります。

なのでよくジャガイモやサツマイモは

常温で置かれていますよね(・∀・)

 

 

 

葉ものは水気を多く含む紙を巻いて

しっかりと水分を含ませて保管すると

長持ちすると言われています。

なのでスーパーとかではなく、八百屋さんだと

新聞紙に巻かれている姿を目にしますね(・∀・)

 

 

 

バナナは実はエチレンガスという

童話でいうと「玉手箱」的要素を持った

おじいちゃんになれるガスを噴出します!

それで「自分はもうおじいちゃんなんじゃ」

ということで黒くなり、

果物が熟れだす時は甘みが物凄い出るので

黒いバナナは甘い!というのが

果物の知識なんですね(・∀・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、話は逸れましたが

 

常温便とは、その名の通り

常温で運ばれる便】です。

 

 

中国では保冷システムはありません。

 

基本的にサツマイモなどもそうですが

この熟れを待つ時期は少し肌寒い空間で

熟れる時を待つものなんですが

 

中国ではこれは全て常温でされます。

 

 

なので中身がカッスカスだったり

黒くなってたり

1週間2週間も常温で置くわけですから

臭いも強烈。

 

 

最終、洗浄したりして日本に届いているみたいですが

中国の野菜はやっぱり臭いがします。

 

 

 

そして②の加工食品でも挙げられた内容に続きますが

こういった野菜たちも

「カットされるのがどこなのか」

ここも重要ですね。

 

基本的にカットまで中国だと

 

 

 

本当に臭いです

 

 

 

 

野菜を卸して頂いている三佐和さんに

中国でカットされたカット野菜を

一度臭いを嗅がせてもらったんですけども

塩素臭+独特な臭い

このリミックスでとてもじゃないですが

食べれそうにはありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し中国野菜や鶏にまつわるこわーーーい話を

させて頂きましたが如何でしたか(`・ω・´)?!

 

 

 

きんえもん的に正直な話、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人は別に良いんです。笑

 

何を食べようが自己責任ですし、

何かあれば自分で病院へ行けます。

 

 

 

 

 

子どもはまだ臓器が未熟で

塩を数gなめるだけで致死量に至ります

 

もしかしたらこういった食材を小さいうちに食べることで

知らない病気になっていたりする可能性も否めないです。

 

 

危険はあまりにも周りに多く潜んでいますので

お母さん・お父さんも一度、本当の食について

調べてみては如何でしょうか(・∀・)??

 

 

 

 

 

意外と知らない知識がボロボロ出てきますよ!笑

 

 

 

 

 

シェア

投稿日: カテゴリー スタッフブログ

いつも使用する油・・・実は2つの危険が隠されていた!

2018年4月11日

こんにちはー!

花見きんえもん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さん・お父さん達がいつも使用する油・・・・

 

 

結構色々な種類がありますよね!

 

 

実はこの油、なんでもこんなにも価格帯が違うのかご存じでしょうか?

 

ここには色々と隠された事実があります。。。。

 

そして知らぬ間に危険因子を食べていることも。。。。

 

 

 

今日はそんな【調理に関する油】事情をお伝えしますね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、今回のテーマは

いつも使用する油・・・実は2つの危険が隠されていた!

です(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何気なく使っている油、どういったメリットデメリットがあるのか

知らない方も結構いらっしゃいます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は油には身体の中で作れない【必須脂肪酸

というものが存在します!!

 

 

 

 

有名になった

「アマニ油」

これは良く顔文字で使われる(`・ω・´)←この子の鼻

実は「オメガ(ω)」と呼ぶんですが

アマニ油や青魚は【オメガ3】を含む油です。

 

 

オメガ3とは体を作るのにかかせない必須脂肪酸のことで、

青魚や亜麻仁油に多く含まれています。

 
亜麻仁油にはオメガ3のなかでも、

高血圧などを予防してくれる【α-リノレン酸】

こちらをを豊富に含んでいるんです(・∀・)!!
それ以外でも、コレステロールを下げたり、

中性脂肪を下げたり色んな効果があるのですが、

 

 

子どもにとって有効な効力が1つあると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは【アレルギー】です。

 

オメガ3つまりα-リノレン酸という酸は

アレルギーの症状を緩和させたり、

アトピーの症状を抑えたりする役割を持っていると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きんえもんも良く昔から

「魚の油は身体にええんやで!」と言われて育ってきましたが

恐らくお祖母ちゃん達はここまで化学的根拠を持たずして

本能的に良さを感じ取っていたのかと思うと

凄いなぁと改めて思います。笑

 

 

まさに先人の知恵ですね(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

油の種類であるオメガ3の良さは

ちょっと分かって頂けたかなと思います(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に紹介したいのが

【オメガ6脂肪酸】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも必須脂肪酸です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オメガ3よりも数字が高く、尚且つ必須脂肪酸・・・・

 

 

 

 

 

 

さては凄い効能があるんじゃないか?!と

期待しないでくださいね(=`ェ´=;)ゞ

 

 

 

 

 

このオメガ6脂肪酸は

リノール酸と呼ばれ

【必須脂肪酸なのに摂取すると危険】と言われています。

 

 

 

 

 

 

何故危険なのか??

 

 

 

 

 

 

それは、ほとんど使用されているのが

この油だからです。

 

 

 

 

何故この油をこぞって使用するのか?

 

 

 

 

 

それは安いからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

度々、きんえもんブログでもお伝えしているように

食品に化学が混じり出してから【食】は狂い始めています。

 

 

 

 

化学が入り出したのは20年~30年ほど前だと言われています。

ここからはきんえもんの見解になるんですが

 

 

 

今まで自給率が90%超えだった日本

輸入した食材が導入

それには人件費をカットされた薬剤まみれの食材

日本の農家さんと比べると到底、値段で勝てない

農作物をやめていく

自給率が下がる

しかし化学の進歩は止まらず

次はラジコンで農薬を散布

虫もよりつかないので放置しても育つ

化学の農作物はより値段を安く提供できる

自給率が下がる

しかし化学の進歩は止まらず

次は稲作に遺伝子を組み替えて

除草剤すらまかなくて良いようになった

化学の農作物は値段は下がる

自給率は下がる

 

 

 

 

そうして結局、今日本の自給率は

10%以下だと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは油に関しても同じで

遺伝子組み換えされまくりマクリスティーのコーンが

ギュッとされてコーン油やサラダ油になっています。

corn-oil-700x466

 

 

 

 

このリノール酸と呼ばれるものは

必須脂肪酸でありながら過剰摂取は厳禁とされている油です!

 

「リノール酸は必須脂肪酸!!摂取しないとダメなんだよ!」

 

とメディアで報道されていたりすることもありますが

実際に知って欲しいのはその裏事情。

本当に良いのか悪いのかという判断。

 

 

そこを持ってほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

揚げ物大好き!

子ども達は皆そうです(=`ェ´=;)ゞ

 

 

でもここは月に何回だとか

大人が制限をしていきたいところですね(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそして、

皆さん恐らくリノール酸であるサラダ油を使う機会は

結構多いんじゃないかなと思います!

 

 

 

そして揚げ物で使用した油

 

 

皆さんどうしていますか?!

 

 

 

 

 

 

 

この一度加熱したリノール酸は

ヒドロキシノネナール】を含むと言われています。

 

これは、脳海馬や小脳に影響を起こし、認知症を誘発する

悪性な物質で、繰り返し濾して使用することで

この物質が多くなっていくとされています。

 

 

 

 

普段、毎回濾したやつを使用する場合は

適度に変えることをきんえもんはオススメします(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知っているのと知っていないとじゃ

考え方が変わるような話

 

 

 

 

今後も続けていきますね(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

シェア

投稿日: カテゴリー スタッフブログ

子どもと安全に食べる飲食店選びの3つのポイント!

2018年4月6日

こんにちはー!

花見きんえもん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども達の慣らし保育は慣れてきましたでしょうか?!

 

まだ登園時は泣いてしまう子もいらっしゃるのでは無いでしょうか(=`ェ´=;)ゞ

 

お母さん・お父さんは嬉しい反面、大変だと思います。

 

 

 

 

少しずつ慣れてくると

「お母さんいくわ~」と言うと

お子さんはサッと手を振って、

逆に少し悲しい部分が5月頃には出てくると思います!笑

 

 

 

 

 

それも子どもの成長ですね(・∀・)

 

 

 

 

子ども達は物凄いスピードで成長しますので

一緒に子育てを楽しんでいきましょう♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のテーマは

 

 

子どもと安全に食べる飲食店選びの3つのポイント!

 

 

です(・∀・)!!

 

 

 

 

 

保育園では栄養管理を行っているけども

飲食店ではどうなの?!と思う方もいらっしゃると思います!

 

 

 

 

 

 

飲食店では保健所の立ち会いなどは基本的にはありません。

 

 

店の衛生レベルは各店舗にお任せというのが現状です。

 

 

使用する食材も産地まで書かれているところは少ないです。

 

 

 

 

 

 

 

そんな中で、子どもと行っても安心できる!

 

という基準を3つ、ご紹介しますね(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜はその場調理かどうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ結構重要ですよね。

その場で調理されているかという内容は

カット野菜か否か

34500f8e36abb463a8b0440562dd772058c7c92c1404544784-s

ということでもあります。

 

 

 

店舗型のお店であれば裏口に物凄い量の

野菜のダンボールなどを目にしたこともあると思います!

 

判断としてはそういったことであれば

店舗内でしっかりと調理されているという証明にもなりますね(・∀・)!!

 

 

 

逆にカット野菜は基本的に全て【酸化防止】をする薬に漬けられています。

料理をよくされる方なら分かると思いますが

なぜ、カットされた野菜が2~3日も色が変わらず保てるのか

 

ここを考えてみれば自ずとわかりますよね(=`ェ´=;)ゞ

 

 

コンビニで売られている野菜に関しては

全て酸化防止剤を含んだものですので

栄養価なんて全くありません。

 

 

 

子どもの成長には野菜が必要不可欠ですが

こういったカット野菜やコンビニ野菜を摂取している場合は

特に注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

清潔さ

DSC_83541

 

 

 

 

ここは好みがあるので一概には言えませんが

子ども軸での話をすると

食中毒の危険性は格段に上がります

 

汚れは全て今までのゴミや付着物の蓄積な訳ですから

机をなめてしまったり、落ちたものを拾って食べてしまう月齢のお子さんがいる場合は少しでも綺麗な店を選んだ方が良いですね!

 

食中毒菌は基本的に75℃以上で1分以上でないと死滅しない特徴もありますので

店内を75℃で1分以上ってことはまず無いです。

(人間も蒸発してしまいます。笑)

 

 

ある程度、臓器が整い、

病気になっても重病にならない身体になったり、

落ちたものは必ず捨てる

汚いところを汚いと認識できる月齢になってこれば

ここは全然クリアできる問題ですね(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味が濃いものしか無い

download

 

 

 

 

 

 

これは結構どこもそうです。

 

自然の甘みの勝負のお店は食材選びが調味と同じ感覚なので

食材がカット野菜の場合、味付けだけの勝負になります。

 

 

和食の調理でカット野菜を使うと物凄く不味いです。

鍋も同様でカット野菜で作る鍋は何のダシも出ません。

 

 

 

濃い味というのは醤油だけや味噌だけ、塩だけ

そういった味だけでは無いんですね。

化学調味料のダシ類は必ず入っています。

 

 

 

何故なら旨み調味料や化学調味料は

人間が美味いと感じるポイントを押さえているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのポイントとは

イノシン酸・グルタミン酸・グアニル酸

基本的にはこの3つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば日本食であれば

昆布のグルタミン酸とカツオのイノシン酸で

美味しいダシになる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洋食であれば

玉ねぎや人参のグルタミン酸と牛肉のイノシン酸で

美味しいメイン料理になる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中華であれば

ネギやショウガのグルタミン酸と鶏肉のイノシン酸で

美味しいメイン料理になる

 

 

 

 

 

こういったことなんですね。

 

 

 

 

 

 

それをイノシン酸やグルタミン酸だけを化学的に抽出したものが化学調味料です。

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の神経には「めちゃウマ!」という

刺激は送られてしまうので、

必然と化学調味料を求めてしまう悪循環なサイクルが

出来上がってしまう訳なんです(=`ェ´=;)ゞ

 

 

 

 

という訳で3つ目のポイントは

全て濃い味付けかどうか?

というところがポイントになるんですね(・∀・)!!

 

 

 

濃い味付け=化学調味料ドッサリ

 

 

こういうイメージを持っておいても良いかもしれません。

 

 

子どもが小学校で友達とご飯に行く時や

高校生で自分で稼いだお金でご飯に行く時は

自分で選択して行きますので、それはそれでいいかもしれませんが

子どもが幼い時はしっかりと親が選択してあげることが

きんえもん的には物凄く大事だと思いますので

少しそういった点にも着目して

外食を楽しんでは如何かな?と思います♪

 

 

 

 

 

でも、あまり神経質になりすぎても

それはそれでお母さん・お父さんが大変になるだけですので

子育ての息抜きも必要ですよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

シェア

投稿日: カテゴリー スタッフブログ

保育園給食で大事な野菜の洗い方で重要な1つのポイント!

2018年4月5日

こんにちはー!

花見きんえもん

 

 

 

 

 

 

 

 

段々と書くタイトルが無くなってきました!笑

 

この3か月間で色々とご紹介していたので、先の何十年配信する・・・と考えるとそんなにネタが出てくるのかな・・・と思う程の量ですね。笑

 

 

もし在園児のお母さん・お父さん

もしくは職員の方が見られていましたら

いつでも「これって何の意味?」とか

色々きんえもんに聞いてくださいね!笑

 

所属の園長にきんえもんに相談したいと言って頂ければ

内容がまわってくるかと思いますので

どうぞよろしくお願いします(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のテーマは

 

 

保育園給食で大事な野菜の洗い方で重要な1つのポイント!

 

 

です(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、野菜って購入したら洗いますよね?

 

もしかしたらたまねぎとかは皮を剥けば洗わずに

そのままIN!する方も多いと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、野菜ってなんで洗うのかご存じでしょうか??

 

 

 

 

 

汚いから

土がついているから

じゃがいもに関しては毒があるから

 

 

色々な視点での【洗い】をされているかと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は野菜を洗うのって

腸管出血性大腸菌】の観点から予防する為が

最も重要な野菜洗いの必要性だと言われています。

ed0bc33eebd6d00f3feda9c261d17458

 

 

 

 

 

 

 

 

腸管出血性大腸菌とは

 

 

 

 

O157

 

O111

 

O26

 

もしかしたらこの3つは聞いたことがあるのではないでしょうか!!

 

 

勝手にO(オー)シリーズと呼びますね笑

 

 

このOシリーズは実は180個まで今見つかっていて

O1~O180まであるそうです(=`ェ´=;)ゞ

 

 

その中でも一番強力なのがO157で

感染すれば死に至るケースがあります。

 

 

 

これは牛などによく懸念される内容なのですが

 

 

 

 

 

 

 

じ・つ・は!!!!

 

 

 

 

 

 

野菜にも付着が結構多いみたいです。

 

 

理由は様々あるんですが

 

 

 

 

 

 

 

例えば肥料

 

 

 

 

 

 

これは牛ちゃんのう〇ちを使用する訳なんですが

(食事中の方すみません。違う表記にします。)

 

 

機械での肥料作成であれば一定の熱量を持って処理されますが

田舎の方ではそのままブリブリを入れたり

お手製の熱処理で他の肥料とミックスして作成したりするケースもあるみたいです。

 

農家さんでは無いのであまり詳しく話すことはできませんが

無農薬野菜をテレビみたくそのまま「ガジッ!」とかじるのを良くないと言われている理由はこういった肥料の兼ね合いがあるからです。

 

 

他にも山の方では、

 

さる

たぬき

イノシシ

シカ

 

こういった野生の動物に荒らされたりします。

この子達は食べることで生きていますから

 

 

 

「はーい、トイレ休憩とりまーす」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてことはありません。

 

 

 

 

 

 

 

「んまぁー」と言いながらブリブリしちゃいますよね。

 

 

 

 

そういった経路で野菜にもO157の付着があるとされます。

 

 

 

 

 

 

 

他にも様々な腸管出血性大腸菌のルートはあるのですが

 

 

こういった観点から福祉施設では

 

野菜はしっかりと流水もしくは洗剤で洗いましょう!

 

という方針でやっている訳なんです(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

ただし、基本的にはこういった菌というのは

何度かお伝えしている内容なんですが

中心の温度が75℃以上で1分間火を通せば

大腸菌類は死滅します!

tt508

(※実際の中心温度計の写真です)

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけは覚えておいて損は無いですね(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

腸管出血性大腸菌

 

 

O157と聞くと「Oh・・・・」と思いますが

意外と身近にある危険な菌です。

 

 

 

 

このO157は夏になると極端に増えますので

是非とも気を付けていきたいですね!

 

夏はどうしても身体が冷える食材を生で食べがちですので

0歳児の子には特に注意をしながら

子育てを一緒に頑張っていきましょう♪

 

 

 

 

 

 

 

シェア

投稿日: カテゴリー スタッフブログ

保育園給食において実は気になる3つの特徴!!

2018年4月4日

こんにちはー!

花見きんえもん

 

 

 

 

いやー、夜桜満開!!

そろそろ桜も枯れ落ちていってますねー(・∀・)

 

 

きんえもんは28日にBBQをしようかなーと計画中!

 

28日は桜は多分無いですが、気分は桜満開!!

 

みんなで食事をすることは楽しいことですよね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し久しぶりの更新となりましたが!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のテーマは

 

保育園給食において実は気になる3つの特徴

 

でっす(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さん・お父さん、料理を作るとき、どんな作業をしていますか?!

 

 

 

あまり料理を作らない方なら(僕です)

 

 

 

 

 

 

 

 

ああして、こうして・・・・っていうのは苦手で(僕です)

 

 

 

 

 

 

1個につきっきりになって焦がしたり(僕です)

 

 

 

 

 

大事な入れるべき食材を入れ忘れたり(僕です)

 

 

 

 

 

あぁー、お母さんって偉大だな・・・

と思う瞬間が多いのですが(僕です)

 

 

 

 

保育園給食はご家庭の食事の調理とは

一味もふた味も違います!!

 

 

 

 

 

 

そんな保育園給食の裏側をご紹介しますね(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①【継ぎ足しNG

cdf44313

 

どういう意味なのかは読んで頂ければわかります!笑

 

 

 

 

 

 

 

これは【福祉施設】という枠組みの中の話をします!

というか、福祉施設以外の仕組みはきんえもん

あまりわかっておりません!!笑

 

 

 

 

 

 

福祉施設は保育園や老人ホームは福祉施設にあたる存在ですが

居酒屋などとは違って衛生管理が物凄くシビアです!

 

 

 

例えば焼き鳥屋さん

 

 

 

「わしゃ、60年続く継ぎ足し継ぎ足しで保っている秘伝のタレに契約している鶏を前日に仕入れてそのままタレに寝かしつけて味を染み込ませるんじゃわ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育園では

 

 

 

 

 

 

 

全部NGです。笑

 

 

 

 

 

 

まず秘伝のタレ

 

保育園で言えば醤油やみりんですね

これは基本的に1か月で消化することが原則です。

皆さん、以外と知らないのですが醤油達には

開封前の賞味期限開封後の賞味期限が存在し、

「調味料は長く持つんだぜっ、へっ」

というのは開封前の話です!

 

 

各メーカーさんに問い合わせて頂いた事がある方は

お分かりだと思いますが

実は開封後は目安を1か月と設定しています。

 

それ以降は「味の保障ないよ♪」ということなんですね!

 

 

 

なので保育園では1か月で使い切れるように

調味料を調達します!!

ただ、小規模保育園となると

意外と調味料使いません!!

 

なので破棄したり

翌月まで使用しない冷蔵庫などを構えて

酸化を防いでいる訳なんですね(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

焼き鳥屋さんに戻りますが

前日に漬けこむ

こちらもアウトーーーーーです!!

 

 

調味料を前日に仕込むことは

前日に菌の付着をするかもしれないという可能性から

調理に携わるのは当日のみです!

 

なので安心ですね(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②【鬼のスピード勝負】

スピード勝負-500x281

(引用:ウサインボルト)

 

 

 

 

 

 

 

 

①でも分かるように、どんなけ人数が多くても

どんなけメニューが多くても

当日調理が原則です!!

 

しかも子ども達が給食を食べるのは11:30頃

だいたい調理員さんは9時頃に出勤ですから

2時間半で職員も合わせ小規模では約27人分

1園の認可園では66人分ほど・・・・

 

 

調理室は毎日祭りですね。笑

 

 

 

 

僕は家でたまにカレーを作りますが

4、5人分作っていたら気付けば1時間半・・・・

 

1品で1時間半(=`ェ´=;)ゞ

 

僕は調理員さんにはなれないですね!笑

 

 

 

小規模では1人の調理員さんが

離乳食初期・中期・後期と通常食を作っています。

桜北町保育園グループでは色々なおかずを食べれるように

3~4品ほどはいつも登場します!

 

2時間半で3~4品を1人で27人分です。

 

どれだけスピードが大事かわかりますよね。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③【中心温度命

default_8c840796edd45751f3940173c1cb576e

(Neverより)

 

 

 

 

中心温度とは何ぞや??

とお思いの方もいると思いますので

ちょっとだけ説明しますね!

(以前のスタッフブログでも紹介しています!)

 

 

中心温度計とは

食材の中心となる場所の温度を測るもの】なんです!

どういう役割かと言いますと

「しっかり中心まで熱が通っているのか」を調べます!

基本的に菌が死ぬ基準というのは

75℃で1分以上加熱することです!

 

 

 

 

 

お肉でも塊で提供がある料理屋さんだと

めっちゃ外カリッカリやのに中めっちゃ赤い!!

 

という焼き方も見た方は多いと思います!

 

お肉屋さんはワザとそうしていますが

子ども達が食べる食事なので安全第一!!

必ず規定の加熱を実施します!

 

 

また、ノロウィルスは85℃~90℃で1分半以上

というのが死滅する基準です!

 

二枚貝は桜北町保育園では基本的にあさりだけなので

すぐに火が通るような仕組みにしています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育園の給食とは子ども達に食事を提供する楽しい仕事ではありますが、安心して安全に提供できるように細やかな基準を持って調理に取り組んでいます!

 

 

 

 

ちょっと気になる保育園給食の内容でした(`・ω・´)♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェア

投稿日: カテゴリー スタッフブログ

食育だより4月号!!

2018年4月3日

きんえもん

 

 

花見のシーズン到来ですね!!

食育便りも春仕様です(`・ω・´)!!

 

 

 

 

食育便り4月号は食育ページもしくは

下の画像から飛ぶことが出来ますよ♪

4月食育だより

 

 

 

今回のテーマは

食事をする時のポイント】です(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

次月号もお楽しみに~~~!!

 

 

 

 

 

 

シェア

投稿日: カテゴリー 最新情報