保育園給食で大事な野菜の洗い方で重要な1つのポイント!

2018年4月5日

こんにちはー!

花見きんえもん

 

 

 

 

 

 

 

 

段々と書くタイトルが無くなってきました!笑

 

この3か月間で色々とご紹介していたので、先の何十年配信する・・・と考えるとそんなにネタが出てくるのかな・・・と思う程の量ですね。笑

 

 

もし在園児のお母さん・お父さん

もしくは職員の方が見られていましたら

いつでも「これって何の意味?」とか

色々きんえもんに聞いてくださいね!笑

 

所属の園長にきんえもんに相談したいと言って頂ければ

内容がまわってくるかと思いますので

どうぞよろしくお願いします(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のテーマは

 

 

保育園給食で大事な野菜の洗い方で重要な1つのポイント!

 

 

です(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、野菜って購入したら洗いますよね?

 

もしかしたらたまねぎとかは皮を剥けば洗わずに

そのままIN!する方も多いと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、野菜ってなんで洗うのかご存じでしょうか??

 

 

 

 

 

汚いから

土がついているから

じゃがいもに関しては毒があるから

 

 

色々な視点での【洗い】をされているかと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は野菜を洗うのって

腸管出血性大腸菌】の観点から予防する為が

最も重要な野菜洗いの必要性だと言われています。

ed0bc33eebd6d00f3feda9c261d17458

 

 

 

 

 

 

 

 

腸管出血性大腸菌とは

 

 

 

 

O157

 

O111

 

O26

 

もしかしたらこの3つは聞いたことがあるのではないでしょうか!!

 

 

勝手にO(オー)シリーズと呼びますね笑

 

 

このOシリーズは実は180個まで今見つかっていて

O1~O180まであるそうです(=`ェ´=;)ゞ

 

 

その中でも一番強力なのがO157で

感染すれば死に至るケースがあります。

 

 

 

これは牛などによく懸念される内容なのですが

 

 

 

 

 

 

 

じ・つ・は!!!!

 

 

 

 

 

 

野菜にも付着が結構多いみたいです。

 

 

理由は様々あるんですが

 

 

 

 

 

 

 

例えば肥料

 

 

 

 

 

 

これは牛ちゃんのう〇ちを使用する訳なんですが

(食事中の方すみません。違う表記にします。)

 

 

機械での肥料作成であれば一定の熱量を持って処理されますが

田舎の方ではそのままブリブリを入れたり

お手製の熱処理で他の肥料とミックスして作成したりするケースもあるみたいです。

 

農家さんでは無いのであまり詳しく話すことはできませんが

無農薬野菜をテレビみたくそのまま「ガジッ!」とかじるのを良くないと言われている理由はこういった肥料の兼ね合いがあるからです。

 

 

他にも山の方では、

 

さる

たぬき

イノシシ

シカ

 

こういった野生の動物に荒らされたりします。

この子達は食べることで生きていますから

 

 

 

「はーい、トイレ休憩とりまーす」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてことはありません。

 

 

 

 

 

 

 

「んまぁー」と言いながらブリブリしちゃいますよね。

 

 

 

 

そういった経路で野菜にもO157の付着があるとされます。

 

 

 

 

 

 

 

他にも様々な腸管出血性大腸菌のルートはあるのですが

 

 

こういった観点から福祉施設では

 

野菜はしっかりと流水もしくは洗剤で洗いましょう!

 

という方針でやっている訳なんです(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

ただし、基本的にはこういった菌というのは

何度かお伝えしている内容なんですが

中心の温度が75℃以上で1分間火を通せば

大腸菌類は死滅します!

tt508

(※実際の中心温度計の写真です)

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけは覚えておいて損は無いですね(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

腸管出血性大腸菌

 

 

O157と聞くと「Oh・・・・」と思いますが

意外と身近にある危険な菌です。

 

 

 

 

このO157は夏になると極端に増えますので

是非とも気を付けていきたいですね!

 

夏はどうしても身体が冷える食材を生で食べがちですので

0歳児の子には特に注意をしながら

子育てを一緒に頑張っていきましょう♪

 

 

 

 

 

 

 

シェア

投稿日: カテゴリー スタッフブログ