高槻市の保育園給食と茨木市の保育園給食って実は違う?!

2018年7月12日

こんにちはー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪は梅雨明けしたそうですね(`・ω・´)!!

今年は地震に続き、記録的大雨により身も心もダメージを負いましたが

保育園の子ども達はいつも元気いっぱいです!!

 

プールも始まってみんな大喜び!

災害にも負けない心の強さを子ども達から貰っている気分になります♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は震災が起きたことで色々なことに慎重になったり、

不安になったりする人もたくさんいらっしゃると思います。

 

 

 

 

もしその中の不安の焦点が

「桜北町保育園グループの給食ってしっかりしてんのかなぁ?」

となった方が居るかもしれない!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と無理やり理由をくっつけて!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安心してください!!履いてますよ!!(・∀・)

 

 

 

 

 

 

と桜北町保育園グループの給食の安全性を

お伝えできるような内容でお送りしますね(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて本題へ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のテーマは

 

高槻市の保育園給食と茨木市の保育園給食って実は違う?!

 

です(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなんです、実は違います!!笑

 

 

 

 

 

 

では何が違うのか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的な言葉で言うと

栄養給与目標量】というものが異なります!

 

詳しくどうなってこの目標量が違うのかというところは

市の方にしか分からない部分ではありますが

高槻市と茨木市の保育が必要な子が実際にどの時間に多く預けられているか?

というところにかかってきます!

 

 

完結に言うと、茨木市は高槻市に比べ、

夜型の保育が多い、

市全体からみた時の0~2歳児が多い、

ということみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

保育園では基本的に

 

朝の間食・牛乳もしくはお茶

お昼ご飯

3時の間食・牛乳

 

この3つですが夜勤の園によっては

 

夕方の間食

夜ご飯

 

こちらの提供もあるんですね!

市の提示する目標量に関してはこの考慮がある為、

また、以上児と呼ばれる3歳~5歳の子が多い地域では朝の間食の提供や牛乳の提供がない園も多く、

各市町村で目標量は変動すると言われています。

 

実際にも高槻では48%、茨木では52%と開きがあります。

 

ちなみに48%、52%という数字は

1日通して得られるエネルギー等を100%と考えた時に

そのうちの何%を保育園で提供しているのか?

 

というところなんですね(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

「50%くらいも提供してたら朝ご飯は要らないか!」

 

 

 

 

 

 

 

は、違いますからね!笑

保育園でも給食だけで表すと30%~35%ほどなんです。

詳しく区分していくと(1日あたりで変動するので数字はおおまかに表します!)

 

 

 

未満児(0~2歳児)

 

9:30頃 朝のおやつと牛乳(10%ほど)

11:30頃 給食(30%~35%ほど)

15:30頃 午後のおやつと牛乳(15%~20%ほど)

 

イメージはこのような感じですね!

 

 

 

 

実際に約1年前に平成29年度の給食はどんな感じで目標を立てて遂行していたかと言いますと、こんな感じです!!

 

 

きんえもんの汚い字と

特に誰かに見せることは無かったのに何故かシャチハタを捺している所は気にしないでくださいね!笑

 

本物を見せた方が保護者の皆さんへは伝わるかなと思いましたので実際の資料をお見せしました♪

 

 

 

きんえもんも実は色々とやっていたんですよ(・∀・)!!笑

 

 

 

 

 

 

この用紙は高槻市がどうとか

茨木市がどうとかではなく、

厚生労働省が「ここまで行こうぜ~~」

という目標から1日の何%を保育園では提供できるだろう

と考えた時に作ったものです!

 

なので毎日、毎月この値という訳ではありません!!

あくまで【目標値】ですので(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこんな目標メーーーーーーーーーン!!!

 

 

目標だけしっかりしてても意味ありませんし、

実際何に使うのか、

いや、むしろ使いません!!笑

 

 

 

 

 

桜北町保育園グループの献立は

きんえもんと伝説の栄養士の方と作成している訳なんですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この目標値。

 

 

 

 

 

給食を提供する上で物凄く大事だということは分かりますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここの目標値はあくまで大人が考えるだけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だと僕は思っています。

 

 

 

 

 

 

 

ご家庭で

「今日はビタミンB1が足りないから豚肉にしましょうね」

 

なんて会話は恐らく無いはず・・・

 

 

逆も然りですね

「今日、私ビタミンB1足りてないから豚肉が良い!」

 

なんて会話はもっと無いですね・・・

出来たらすぐにテレビ出演しましょう!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではなぜ、目標を出すのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこを目指す為ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、献立を作る側からの意見としては

和食をベースにして、毎日野菜をいっぱい摂取していれば

基準値を大きく下回ることはほとんどありません!

 

100%を基準とすれば桜北町保育園では4つの園の事情もあったりしますが

 

基本的には100%前後±10%

(ただ、野菜を多く摂取する故、ビタミンやカリウムは大きく上回ることも多いです!)

 

 

 

 

 

何が言いたいかと申しますと

 

 

 

しっかり野菜・肉・魚・お米を食べていればいいんです!!

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう1つ伝えたいことは

お家でも提供をお願いしたいです!!

 

 

 

 

お母さん・お父さんからよく、

「保育園では食べるんだけど、家では食べてくれなくて・・・」

という話は全国どこでも聞く話です。

 

 

 

ご家庭では食べない理由には

環境・その子ども自身の何か想うもの

こういったものが絡んできますので一概にこれとは言えませんが

ある大手企業のアンケート結果によると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両親が子どもの野菜の食べれる量を決めてしまっている

 

 

 

 

 

 

 

という内容が多いみたいです!!

どういうことかと言いますと

 

子ども達はまだ食べれるのに

そもそも、その野菜の提供が無い。

そして最終的な声掛けが

「無理しなくて食べなくて良いよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすると子ども達はどう思うのか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、食べないんです!笑

 

 

 

無理しなくて食べなくて良い

 

 

 

 

 

 

ではなく、

 

 

 

 

一緒に頑張って食べてみようか!

と声をかけてお母さんやお父さんも大きいお口で

ものすごーーくオーバーリアクションで食べると

子どももマネしたくなりますね♪

 

 

否定的な言葉よりも肯定的

食べるという選択肢を与えてあげることと

一緒にやってみることで

「お家では食べなくて・・・」

というご家庭でも食べるかもしれませんね(・∀・)♪

 

 

 

 

お友達がいっぱい食べてるから食べる

 

保育士の先生が大きいお口で一緒に食べてみよう!

と声かけをしているから食べる

 

 

 

 

子ども達が食べるのは意外とそういった簡単なキッカケなんですよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日: カテゴリー スタッフブログ