お箸の持ち方は3ステップで上達する?!

2019年8月15日

こんにちはー!

 

 

 

 

 

僕は普段、みのはら桜保育園の園長をしていますが

唐突に今日、保護者の方から

 

 

 

 

 

「改めて思いましたけど、きんえもんにそっくりですね!!」

 

 

 

 

 

 

と言われました!笑

他のみのはらの保護者の方にも、みのはらへ異動になった際、

金先生ではなくていきなり「きんえもん先生」と

呼ばれたこともありました!笑

僕としては、食育だよりやブログを

読んでいただけていると感激しました♪

 

 

 

 

 

 

桜北町第一保育園には書類関係で行くことが多々ありますが

9月にあります、グループ園合同の秋祭りでもこの顔を見かけたら

「きんえもん先生~~」と声をかけてください(・∀・)♪

 

 

たまにあることですが、ブログを読んでいただいている

他園の保護者の方から「あ、きんえもんや」と

ボソッと言われることがありまして・・・・・

わざわざそのお母さんお父さんに

「どーーーーーも!!!きんえもんです!!!」とは

さすがに行けないですから!!笑

声を掛けていただくか、陰で「似てるな」と言うか

どちらかでお願いします!!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、話が変わりまして

お箸の持ち方をご紹介していきたいなと思います(`・ω・´)!!

 

お箸と言っても、まず本当に重要なことが1つあります。

 

 

それは

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりとスプーンを持てるようになること

 

 

 

 

 

 

もう本当にこれに限ります。

 

 

 

スプーンってなんやかんや上手に使えちゃうんですね~

大きいおかずとかは「ゴロッ」とくぼみに入りますし、

お茶碗の端っこを沿うようにすくえば

低月齢の子もすくえちゃいます!!

 

 

でもお箸はそうはいかない・・・・

 

なのでまずはスプーンの使い方をしっかりと熟知しましょう!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お箸って僕もそうですが苦労した時代は

 

むかぁ~し昔、、、あるところに、、、レベルです。

 

 

ですが、子ども達はその苦悩を今一番体感している訳であって、

お箸をはやく使いたい】という子ども達の熱意と

お母さんお父さんが想う【綺麗な箸の持ち方を将来してほしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・きんえもん、この2つ実現しましょう!!!

 

 

 

 

 

 

 

それはですね、実はとても簡単で

とても身近なところに潜んでいたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、ズバリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【キラキラ星】!!!!

 

 

 

き~ら~き~ら~ひ~か~る~

 

でおなじみのキラキラ星ですが

これって知らぬ間に手をくりんくりん回す動きをしてるんですね。

 

何がそれに繋がるの?と思うかもしれませんが

子ども達がお箸を上手に持てない理由の1つとして

筋力不足】が挙げられるんです。

 

 

 

 

 

保育園内でも良く聞きますね

 

 

 

「あかない~」「かたい~」

 

 

 

あかない、かたいと言われるとお父さんは袖を捲りあげ、

よし来たことかと鼻息を鳴らし、

子ども達の前でパカッ!!!!と開けがちですが

子ども達は凄く賢いです!!!

 

 

 

 

「あかない~~(ってパパに言ったらやってもらえる)」

 

「かたい~~(ってパパに言ってその後にパパ凄いと褒めよう)」

 

 

 

 

 

 

もう本当にこれは多いです。笑

お父さんも袖を捲る前に

「一緒にやってみよっか」や

「パパ見てるから一回やってみ?」と声をかけてあげて下さい♪

そして出来たら「すごいな~~!」と褒めましょう♪

そうするとどんどん自分でやっていくようになります(・∀・)

 

 

 

 

 

 

 

 

っと話が脱線しましたが

この「あかない」「かたい」は筋力の使い方が

分かってない場合もありますが筋力不足も実は影響しています。

 

 

子ども達はまだ発達の途中ですので

手首の返しが上手くありません。

 

リトミックや歌をフリ付きで歌うことは

足腰や手首も同時に鍛えられるんです♪

 

 

 

では、「キラキラ星」はどうでしょうか?

 

なんとなく想像できますよね、笑

 

そう、手首をキラキラキラ~~とぐりんぐりんします!!

これがスプーンを持ってすくう時に必要な筋肉も鍛えられる

という訳なんですね(・∀・)!!

 

 

 

2歳頃からいつも食べているお母さんお父さんが使っているお箸

 

子ども達はお母さんお父さんが好きだから

 

何でも真似したいんです!!

 

やりたい気持ちを尊重することも凄く大切ですが

 

しっかりと順序を踏むこともまた大事な1つです(`・ω・´)!!

 

 

ちなみにきんえもんは小学校1年までは左利き

それ以降は右利き

そのせいか分かりませんが、中学校卒業まで

クロス箸の持ち主でした!笑

そして今も尚、鉛筆の持ち方が汚いです。。。

 

 

 

 

 

 

きんえもんみたいにならないように、

しっかりとした持ち方のレールをこっそりと敷いて、

上手な箸の持ち方のルートに導いてあげたいですね♪

以前に作成した資料も貼りつけておきますね♪

 

 

(引用:https://feature.cozre.jp/69731)

投稿日: カテゴリー スタッフブログ