小規模保育園で働くメリット(*^_^*)

2018年1月5日

img2_hoiku

 

新年あけまして、ようやく休み明けと言ったところでしょうか(笑)

とは言いつつもまだまだ休みが抜けないですよね。。。笑

今後は桜北町保育園グループの求人部門を担当しております

私『マツゲ園長』が保育園のあれやこれやをお伝えしていければと思っております!

どうぞよろしく!!!

マツゲ園長

桜北町保育園グループではそんな今日も元気いっぱいの子ども達に囲まれて保育士さんは

奮闘しております!

近年、小規模保育園が増え、桜北町保育園グループのある高槻市や茨木市でも小規模保育

園はどんどん増えてきています(*^_^*)

 

 

しかァッーーーーしッ!?

 

 

保育士さん達が不足しているのは、おそらくどの保育園さんも同じ悩みとして抱えているのではないでしょうか?

保育園の数が増えているのに保育士さん達の数は増えていないじゃないか!

 

 

そして、保育士さん達も…

◎保育士ってただでさえ給料低いって言われてるのに、小規模保育園なんかもっと低そう、、、

◎小規模保育園って認可外保育園の延長なんじゃないの?

◎ただでさえしんどいのに、保育士が少ない中働くのはしんどそう…

 

 

小規模保育園で働きたいと思う要素はどこで判断したら良いのか、、、(*_*)

そこでッ!

小規模保育園のメリット&デメリットを保育園側の目線で一挙大公開!!

ここでは大きな保育園にはない(ある)メリットとデメリットを記載します!

 

♦小規模保育園で働く際のメリット

 ①子どもと密に向き合える

小規模保育園とは簡単に言いますと定員規模6人以上 19 人以下、3歳未満児に重点を置い

た小規模な保育の類型の保育施設です!

無論、保育には「保育士の配置基準」と言って、国によって最低基準が決められており、小規

模保育園でも同じです!

名称未設定 1

つまり、定員19名の小規模保育園で

例えば0歳児が6名、1歳児が6名、2歳児が7名定員の保育園の場合

0歳児に2人の保育士、1歳児に1人の保育士、2歳児に1.16人の保育士が必要になります!

ちょっと待って・・・(・_・;)

1.16人の保育士って何?

そんな中途半端な人数いませんね、笑

つまりこの場合は2人配置しなければならず、5名が毎日常勤しなければならない状態になりま

す!

もちろん、パートさんやアルバイトさんでもOKですが、その場合は常勤での勤務ができなけれ

ば1人のカウントになりません(*_*)

常勤のカウントとは、保育園によって違いますが、だいたいの保育園は1年間の変形時間労働

体制をとっているのですが、おおよそで8時間勤務が常勤1人の目安です!

ですが保育園は土曜も開園しています。。。

ということは5人いても代休や有給、急遽のシフトチェンジなどをする為には5人じゃ到底足りま

せん!

おおよよ、常勤できる人間が6人~8人いてゆとりがあるくらいです(/_;)

ちなみに、各市区町村がさらに厳しい配置基準を定めることも可能でして、高槻市の隣の

茨木市では1歳児の保育士配置基準が子ども5人に1人として設けています(@_@;)

6人~8人!?

そうなんです!

子ども達へ安全と安心の保育を行うにはこの人数が必須なんです!

だいたいの保育園の場合は余力の人数はパートさんやアルバイトさんで補っているのではな

いでしょうか?

中にはすべてパートさんやアルバイトさんで保育をしている園さんもあります!

上記のとおり、常勤の先生たちがほぼ毎日子どもとふれ合い、子ども達との関係も密になって

きます!

大きな保育園でもメリットはたくさんありますが、配置基準は一緒でも、人数がいればいるほど

稀薄になってしまうところも少なからずあり、小規模保育園では一人の子どもに対してかなり密

に向き合えるのではないでしょうか☆

 

 ②自由度がある程度高い

小規模保育園はまだまだ歴史が浅く、その制度の中にもまだまだ疑問点はたくさんあります

(‘_’)

株式会社の保育園の参入で一気に増えたこの小規模保育園ですが、大きな保育園の同法人

が小規模保育園を運営している場合もあるんですねこれがッ♪

その際、やはり保育園の良き文化の継承で、やり方や保育方針は決まっているはずです!

しかし、そうではない小規模保育園では、先生たちのマンパワーがかなり重要になるので、決

まっていることをする事よりも、ある程度自分の構想ややりたいこと・保育を実現しやすい環境

にあるかもしれませんね!

 

 ③上を目指せる!

大人数の保育園とは違い、先生の数は少ないものの、やっている保育は同じ!

ですが、役職者という観点ではチャンスの目線がいっぱいな気がします(^O^)

小規模保育園で主任保育士さんはいても1人

2人いるところはまずないと思いますし、いないところももちろんあると思います!

ですが、平成29年度から実施された処遇改善Ⅱという簡単に言うとお給料+αの制度のように、

近年では保育士さんの数の獲得の為に国が出したお給料の底上げを狙った政策がありま

す!

大人数の保育園で、保育士さんの数が多いより、少人数ですが保育士さんの数が少ない小規

模保育園の方が、単純な確率論でこの処遇改善Ⅱの底上げを頂戴できる可能性が高いんです!

さらに、園長まで目指したいんだ!という方はなおさら♪

可能性が秘められていると思いませんか?

 

いかがでしたでしょうか?

メリットを見て、自分の力を試したい!こんな事がしてみたい!園長になってみたい!と思った方!

もちろん、すべての小規模保育園で同じことが言えるかどうかは疑問ですが、少なくとも桜北町保育園グループでは言えます!

少し、大きな保育園から小規模保育園で働かれようと検討されている方!

是非、保育園選びの参考にしていただければ!

そして、高槻市、茨木市にある桜北町保育園グループに是非ご応募いただければ幸いです(^O^)

高槻市保育園求人

次回は小規模保育園で働く際のデメリットもお伝えしていきたいと思います!

投稿日: カテゴリー 最新求人情報