5年以内に保育現場へAI(人工知能)がもたらす7つの効果

2018年2月27日

こんにちは!(^^)!

 

 

 

マツゲ園長です!

 

 

 

今回のテーマは

 

 

 

5年以内に保育現場へAI(人工知能)がもたらす7つの効果

 

 

 

 

 

でございます!

 

 

 

まずはこの動画をご覧下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人工知能と言えば誰もがロボット!?と想像してしまいがちですが、間違いでもなく、そういった意味だけではありません!

 

 

 

人工知能とは

人工知能(AI)とは、人間の知的ふるまいの一部をソフトウェアを用いて人工的に再現したものです。

 

 

 

つまり、人工知能の導入における一番のメリットとしては、人間に変わるのではなく、あらゆる面で役に立ち、人間の生活を変えてくれるということでしょう!

 

 

 

マツゲ園長も昔あの有名なターミネーターという映画が大好きで、こんな時代が来たら大変だ!と思っていたものです(笑)

 

 

 

実際は似ても似つかない人工知能を兼ね備えたロボットという時代まではまだもう少し時間がかかるかもしれません!

 

 

 

■保育業界においてのAi

 

 

 

 

それでは保育業界におけるAI(人工知能)とはどういったものなのでしょうか?

 

 

 

 

例えばであげられるのが・・・

 

 

 

 

園内写真業務の全自動化サービス『るくみー』
『るくみー』は、スマホやタブレットの専用アプリで撮った写真を自動的にアップし、さらに仕分けもしてくれる。

 

 

 

さらに業界初の顔認証機能も搭載、保護者は我が子の写真を登録すれば、マッチした写真を一覧表示してそのまま簡単に購入できる。

 

 

 

という優れもの!

 

 

 

この『保護者は我が子の写真を登録すれば、マッチした写真を一覧表示してそのまま簡単に購入できる』というのが、まさに人工知能!って感じですね!

 

 

 

実際、桜北町保育園グループでも『園フォトシステム』という写真販売システムを利用しています!

 

 

 

logo

 

 

 

 

 

このシステムも優れものですし、保育園側としても使いやすい!

 

 

 

カメラマンの派遣も無料でできて、使用料は無料!

 

 

 

至れり尽くせりのシステムなのですが・・・

 

 

 

しかし、顔認証のシステムなどは導入されてはいません!

 

 

 

■Aiがもたらす7つの効果

 

 

 

①時間短縮・負担軽減・業務の効率化

 

 

 

こういった写真販売のシステムは高槻市や茨木市の近隣保育園でも使用しているところは多いのではないでしょうか?

 

 

 

今までの保育園業界の写真販売の流れは、壁にダァ~っと張り出し、保護者の方が自分の子の写真を選択し、購入するというのが一般的でした!

 

 

 

しかし、こういった写真販売のシステムのおかげで、保育園園側としては写真販売をする為に張り出す大きな時間の短縮になります!

 

 

 

②大幅なコスト削減

 

 

 

この写真販売システムを元にお話しを進めますが、他にも様々な効果があります!

 

 

 

写真販売では写真の枚数が多ければ多いほど、保育園側としてはその分、写真を印刷しなければなりません。

 

 

 

それがネット上で一括に掲載でき、さらには購入の手続きもできれば、手間が省け至れり尽くせり!!!

 

 

 

保護者が購入し、入金を待つだけでOKというわけになるのです☆

 

 

 

便利~

 

 

 

ここからは写真販売のシステムに関わらず考えていきましょう!

 

 

 

③管理が非常にできやすくなる

 

 

 

これですね

 

 

 

保育園側としての最大のメリットになりますね!

 

 

 

桜北町保育園グループで導入している管理のシステムとしては

 

 

 

SyEsF0s1

 

 

 

 

 

を使用しています!

 

 

 

こちらもめちゃめちゃ便利なシステムで、現在は勤怠管理のシステム登園管理のシステムで利用しています!

 

 

 

カメレオンコードと呼ばれるコードを発行し、読み取ることで、1秒で登園管理・出勤管理が可能になります!

 

 

 

 

top_header_sp2

 

 

 

 

 

保育士さんの従来のタイムカードではできない管理や、園児さんの出席簿も一瞬で出力できます!

 

 

 

このシステムのおかげでかなり管理ができやすくなりました!

 

 

 

いつ、どこにいても管理画面で見れるので、素晴らしく便利です!

 

 

 

まだまだ開発中ですが、すごく使いやすい機能をかなり兼ね備えています!

 

 

 

④ミスが少なくなる

 

 

 

その他の導入例としましては

 

 

 

screenshot-from-2017-07-31-13-46-341

 

 

 

 

 

Time Treeというカレンダーアプリです!

 

 

 

これはカレンダーなのですが、何がすぐれているかというと、予定のお知らせを自動でしてくれます!

 

 

 

自分の予定管理としてはもちろんなのですが

 

 

 

プッシュ通知にて『今日は忙しくなりそうです』

 

 

 

『あッ・・・ありがとう、そういえばそうだった』

 

 

 

と、マツゲ園長はアプリと会話することもしばしば・・・(笑)

 

 

 

通知が来てくれることで予定の被りミスがなくなったり、いつどこにいても予定が確認でき、さらに共有できる!

 

 

 

例えば、園長が市役所に出ていて不在時、あらかじめ予定さえ入れておけば、電話があった際にいつ戻るかと的確にお伝えできたりします!

 

 

 

なので、先生たちとも共有を開始しました(*^_^*)

 

 

 

⑤保育士さん達の自ら知ろう!成長しようという力の妨げになりかねない

 

 

 

便利になるというのはその分、何か違うことに避ける時間が単純に増えるということです。。。

 

 

 

しかし、なんでもこういったものが出回りすぎると、その反面AIに振り回されてしまうことも多くあると思います。

 

 

 

さらには・・・

 

 

 

⑥心がない淡々とした業務になってしまう

 

 

 

AIの効果のうち、あまりよくない効果として作用するのではないかと思うことをお伝えしとこう!!!

 

 

 

正直、保育というのは、不変的要素がある仕事であると思います!

 

 

 

 

例えばここでAiを導入し、一気に簡素化・効率化した連絡帳を機能を使用し、保育士さんの負担軽減をしたにしても

 

 

 

さらには子どもの体温変化をいち早く察知するAIが開発されたにしても

 

 

 

プログラミングされた機械では微妙な変化に対応できないことは絶対にあります。

 

 

 

子どもを抱きしめた際のそのぬくもりをロボットは感じる事はできません

 

 

 

もちろん、子どもがロボットのぬくもりを感じれることはできませんよね

 

 

 

愛情を持って子どもに接するからこそわかること

 

 

 

愛情を持って関われるからこそ保育士の先生たちしかできないこと、手書きがいいもの

 

 

 

ここまでAI化すると、私はそれは業務面以外でデメリットになる効果のほうが大きいと思います!

 

 

 

しかし、これからの10年を見据える中で確実に様々なジャンルでAI化は進むはずです!

 

 

 

⑦AIにではなく、環境や世の中の情勢・トレンドや情報の変化に対応できる能力が重要!

 

 

 

AIの導入・政府が副業容認に転じる背景に応じて、世の中の50%の職業はなくなり、非正規雇用が大幅に増加すると予想されている中

 

 

 

結局AIがどうのこうのではないのではないのかなとマツゲ園長は思うのです!

 

 

 

こういった情報をいち早く取得し、理解し、応用さらには対応できるか・・・

 

 

 

これができないからどうなるってわけではなく、ただ取り残されて古い化石になってしまう

 

 

 

ただ、保護者の世代も移り変わります!

 

 

 

昔の考えでは考えれなかったことがこれからどんどん増えていくでしょう

 

 

 

その時に『保育はこういうものだからこうなの!』であったり

 

 

 

『昔からこうしてきているから!』という部分は間違いなく足枷になるでしょう!

 

 

 

『今の保護者はこう考えているんだ~』

 

 

 

『もしかしたらこうしてみるのもいいかもしれない!』

 

 

 

という風に職員一同、一丸となって保育に向かうよう尽力すべきなんではないでしょうか!

 

 

 

AIを導入したからいい保育園には絶対になれません!

 

 

 

強みにはならず、保育における効率化の促進が最大の効果ではないのかと思います!

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!(^^)!

 

投稿日: カテゴリー 最新求人情報