知らぬ間に虐待・・・・その内容 Part2

2018年3月1日

こんにちはー!

きんえもん

 

 

 

 

 

 

 

知らぬ間に虐待・・・・・

Part1は見て頂けましたでしょうか(`・ω・´)!!

 

 

もしまだ見ていない方がいらっしゃいましたら【こちら】からクリックどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今更ですが虐待って

その一言のくくりにされると難しいですよねー。。。

 

その家の教育方法などもあるでしょうし

怒るのではなく「叱り」として子どもへ注意をしても

場所を間違えてしまうと

「あの人虐待してるんじゃ・・・・・」となったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに前回のおさらいですが

今は虐待というくくりが大きくなっています!

 

 

 

 

 

 

 

では、虐待の定義とは何か?!

 

 

「虐待の定義はあくまで子ども側の定義であり、親の意図とは無関係です。その子が嫌いだから、憎いから、意図的にするから、虐待と言うのではありません。親はいくら一生懸命であっても、その子をかわいいと思っていても、子ども側にとって有害な行為であれば虐待なのです。我々がその行為を親の意図で判断するのではなく、子どもにとって有害かどうかで判断するように視点を変えなければなりません。」

(一部抜粋)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなんです。

虐待をしているしていないは

子ども側の目線に立って考えること】が重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きんえもんブログの中で

大人は選択できるが子どもは選択できない

というワードを良く言います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

これは虐待にも当てはまります。

 

 

例えば「お風呂」をテーマにしてみましょう!

 

 

 

 

 

 

お風呂に毎日入る入らないはご家庭のスケジュール等での采配になる部分は多いと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが3日間、4日間、1週間お風呂にいれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこれも立派な虐待の1つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中学生で「お風呂めんどくさーーーい!!」

といって入らないのは別ですが

乳児など自分の意思表示をハッキリと出来ない子に対して

お風呂をいれない】は立派な虐待にあたります。

 

 

 

 

 

 

1歳になりたての子が

「僕ちょっと汚くなってきたのでお風呂に入れてもらえないでしょうか(´・ω・`)?」

とは言えない訳ですよね(‘A`)

 

 

 

発言したくてもできない。

子どもからすると

「僕から臭いがするんだけど・・・・」

と思う訳です。

 

 

 

 

 

これはでも自分から発言を出来ない。

要は子どもは選択出来ない立場におり、

親が誘導しないといけない選択を放棄してしまっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

これはネグレクトと呼ばれ

一般にいう【育児放棄】の分類にあたります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「えー、そんな人いないでしょ!!」

 

 

 

 

 

と思うかもしれませんが、今とても多い現象だと

きんえもんは様々な情報が入ってきます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【育児放棄】

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉で聞くととても親がしてはいけない内容に聞こえますが

若い世代のお母さん・お父さんには

とても多い現象なんです。

 

 

 

 

 

 

初めての子育て

 

 

でも単身赴任で頼れる人が居ない。。。。

 

 

 

 

 

 

 

そんな中で子育てをすると

やっぱり若い世代の人たちは少しずつ壊れてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

「私はすっごい子煩悩なんです!!」

 

 

というような身振りをしていても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家では食事も与えていない

 

 

 

 

 

こんなケースもあるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは少し心理学的な内容にもなるんですが

 

 

外(家庭外)へ向けて

「私は子煩悩なんです!!」という発信をし続けると

 

「自分はすごい子育てに熱心だ!!」

という錯覚に陥ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

この錯覚の怖いところは

 

 

 

 

 

 

実際はやっていないのにやっていることになっている

 

 

 

 

 

 

つまり、

お母さん・お父さんも気付いていないことが怖いんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では何故、気付かないのでしょう??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく思い込みってありますよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「・・・・・!??そこに誰か居そう・・・・おばけかな・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて気配を察知した経験もあるのでは(`・ω・´)??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも一種の思い込みですね!

 

 

思い込みはそれを現実に仕立てあげてしまいます。

 

 

ではこの思い込み

 

 

ただの思い込みでは無いのが【対、子どもの時】です。

 

 

 

 

 

 

 

 

友達と何か話をした時に

もし実際は違うけど、

思い込んでいた内容を話したとしましょう!!

 

 

 

 

 

 

するとどうなるでしょうか??

 

 

 

 

 

 

 

 

「えー、それ絶対ちゃうわ!!ただの思い込みやん!!笑」

 

 

 

 

 

 

 

 

で終わりますよね(・∀・)??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対子ども、特に乳児期の子に関しては

「〇〇ちゃん、~~~でしょう??」

 

 

 

 

 

この会話だけで成立してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

さっきのお風呂の例を出してみると

 

「〇〇ちゃん、お風呂入らない?」

「あうーーー」

「そっか、入らないか!わかったー」

 

 

 

 

 

 

これで会話が成立してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「そんな訳ないでしょ、きんえもん!!」

 

 

 

 

と思うかもしれませんが

これが今の現実です。

 

 

 

 

 

 

 

でもお母さん・お父さんには悪気が無いケースも多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

その場合はどうすれば良いのか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お友達やご家族、親族の方が伝えてあげましょう!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが一番の策だと僕は思います♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育園がしたら良いんじゃないの?と思うかもしれませんが

保育園の立場的には少し複雑な立ち位置になるんです。

 

 

 

 

 

「お母さん、お風呂いれてないでしょー!エイエイ!!」

 

と言うのは簡単ですが、

そんな率直に言ってしまうと

お母さん・お父さんは傷ついてしまいますし、

その後の関係も良くないですよね(´・ω・`)

 

 

 

 

 

しかも、私たち保育園という存在は

社会福祉施設として国から役割を担っているので

ご家庭での虐待があれば「その子の擁護

ここが最優先になります。

 

 

 

 

 

 

なので一番、スムーズで尚且つ、聞き入れやすいことは

友人や親族が指摘をして改善していくのが

一番では無いかなと思います(・∀・)♪

 

 

 

 

もし、このブログを見て

 

えっ、自分のやってること当てはまってる・・・

 

というお母さん・お父さんがいらっしゃいましたら

園に相談しても良いかもしれませんね♪

 

 

 

 

 

 

こちらから指摘をするのは関係を悪くしますが

お母さん・お父さんからご相談を頂ければ

いっつでも相談に乗ります!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや、本当にいっつでも相談に乗りますよ!!笑

 

 

 

 

 

 

 

ご家庭での様子などもお聞きしながら

私たちは保育をしたいと思っておりますので

ご不安があれば気にせず言ってください♪

consultation_interview_27302-300x300

 

 

 

 

 

 

 

 

もし友人で「そうかも・・・・」

というお友達が居ましたら、そっとお伝え頂ければ

親も子も良い方向に向かうんじゃないかなと思います♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虐待というワードだけで聞いてしまうと

「自分は絶対ない!!」と思うかもしれませんが

虐待は【子ども側の目線】で考えた時の話なので

子どもにとって不利益であれば

一度見直してみては如何でしょうか(・∀・)!!

 

 

 

 

 

シェア

 

投稿日: カテゴリー スタッフブログ