保育園が恐れる乳児にとって危険な食べ物第1位!!

2018年3月28日

こんにちはー!

きんえもん

 

 

 

 

 

 

 

昨日のブログにも書きましたが

生活する上での危険っていっぱいありますよね~・・・・

 

その中でも食事に関しては物凄く多い・・・・。

 

 

 

 

実際に海外では危険だけど

日本ではOK!とされている食材もいっぱいあります!

着色料だらけ、農薬まみれの日本ですが

その中を掻き分けてでも良い物を選んでいきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のテーマは

 

保育園が恐れる乳児にとって危険な食べ物第一位

 

 

 

 

 

 

 

 

です(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育園では乳児に対して過敏になっている食材があります。

それは【ハチミツ】です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハチミツは一昔前、

乳児にとって良い物とされていました。

ですが今はボツリヌス症と呼ばれる

体内で芽が育ち、身体を蝕む菌】が発生すると言われ

1歳未満の子には与えないで下さいということになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで不思議なのが

何故、昔は身体に良いと思っていたか??

 

 

なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは皆さん、頭の認識として

生ものは冷蔵庫に保存する

という認識が強いのであまり意識されていませんが

 

 

 

 

 

 

 

 

ハチミツは生もの】です!!

 

 

更には蜂が生成する有機物な無添加な食材です。

昔の人はこれをそのままストレートに捉え、

乳児に積極的に与えいた、というのが

現代と昔のギャップの差なんですね(=`ェ´=;)ゞ

 

 

 

 

 

では、このボツリヌス症

 

 

 

 

 

 

何故、乳児に多いのかご存じですか?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは実は簡単で

 

臓器の生成が完全ではないから

なんですね(`・ω・´)!!

 

 

1歳を超えると「全然OK~!!」というようになります!

 

 

 

 

 

ある食材を例に出して説明してみますね!

 

 

 

 

例えば生レバー

 

腸管出血性大腸菌O157やカンピロバクター属菌を牛が保有しています。

これを生で食べるということはこれらの病原菌を人間が保有することになりますよね?

 

 

ということはつまり、食中毒になる危険性が高いということです。

 

 

 

これが起きる仕組みとして、

人間では抵抗できない菌なので病気になる】ので

年齢も関係なけりゃ、性別も関係ありません。

 

ただ、幼い子供やおばあちゃん・おじいちゃんは

免疫が少ないので重症化になりやすいです。

 

 

 

この例と先ほどのハチミツと違うところは

「成人でもかかるかどうか」ですね(・∀・)

 

 

ハチミツによるボツリヌス症は

「臓器が不完全な為、起こる」

なので臓器が完全な成人には起こらない訳です。

ましてや1歳を超えると臓器は形成されますので

つまりは1歳を超えて食べても問題は無い、

という結論に繋がりますね(・∀・)!!

 

 

 

 

なのでこのボツリヌス症

 

いつの間にか【乳児ボツリヌス症】

という名前に変わっています!

 

 

 

 

 

 

 

 

これでハチミツは何故、

1歳未満の子には与えてはいけないのか??

 

が分かりましたね(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更にここから勘違いしやすいポイントをご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハチミツ=乳児には危険

 

 

 

 

これは今のお母さん世代であれば

結構常識だとは思います。

 

 

 

ハチミツ=1歳未満はダメ

 

 

これもOKですね(`・ω・´)

 

 

 

 

ハチミツ=1歳未満はダメ=その理由

 

 

 

 

 

これも今日のブログでクリアされましたね(・∀・)

 

 

 

 

 

 

ハチミツによりボツリヌス症が起こる

 

 

 

これもOKですね!!

 

 

 

 

ボツリヌス症=ハチミツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこれは違います。

 

 

 

 

 

 

ボツリヌス菌とは、ハチミツに住む者ではなく

土壌や海、湖、川などの泥砂中に分布している菌です!

 

なので自然の土などがついたものを蜂が運搬し、

それらの集大成がハチミツであり、

蜂が持ってきたそのわずかな可能性がハチミツとして加わる訳なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ・・・・・???

 

 

と思いませんでしたか?!

 

 

 

そうなんです、ボツリヌス症って実は

土や海からの発生源なんです(=`ェ´=;)ゞ

 

 

 

 

でも、国が「乳児のハチミツを気をつけましょう」

というだけで終わっているんです。

 

 

 

 

 

 

 

きんえもんがお伝えしたいことは

ボツリヌス症は【食事からの感染だけでは無い

ことを理解しておきましょう!!

 

 

 

国が気を付けていることは

あくまで【食からの症状】をベースにしていますので

身近にも潜んでいるということを

知ってほしいなと思いました(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

なので土がついているもの

野菜・黒糖

これらもボツリヌスの危険性は少なからずあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはダメ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思っても

 

 

 

 

「なんでダメなのか?」

 

 

 

 

 

食に関してはここを理解しないと

正しいダメにはなりません(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きんえもんも出来る限りお伝えしていきたいと

思っていますので

 

知識として蓄えていただければなと思います♪

 

 

 

 

 

 

 

最後に厚生労働省のリンク先を張り付けておきますので

是非、ご覧になって下さい(・∀・)!!

 

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000161461.html

 

 

 

シェア

 

投稿日: カテゴリー スタッフブログ