最新情報

news

食育便り10月号!!

2018年10月4日

こんにちはー!

 

 

10月の食育便りも更新していますのでご案内します♪

 

 

今回のテーマは

子ども達の散策には気を付けよう?!

です(`・ω・´)!!

 

 

 

18回目の配信となりました今回の内容は

連休が台風で全てダメになってしまった

お母さん・お父さんの中で

秋にBBQへ出かけるご家庭も

多くあるかと思いまして内容の選定をしました♪

 

 

 

子ども達だけで山の散策とかをしてしまうと

数々の危険がありますので

是非ともお読みいただいてから!!!

BBQ等、山へキャンプに行っていただきたいなと思います♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日: カテゴリー 最新情報

食育だより9月号!!

2018年8月31日

こんばんわー!

 

 

久しく登場してませんでしたがきんえもんは元気です!笑

 

 

今回のテーマは

食欲の秋!食中毒の秋!?

です(`・ω・´)!!

 

 

 

 

食育だよりは今回で17回目の配信となりました!

長く続けると保護者のお母さんにも声をかけられるようになりました♪

嬉しい限りです(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日: カテゴリー 最新情報

食育だより8月号!

2018年8月1日

おはようございますー!

 

 

今回のテーマは

暑さに負けるな!夏を楽しむ3つのポイント

です(`・ω・´)!!

 

 

 

食育だよりも保護者の方へ配布だけしていた時を合わせると

16回目の配信となりました!

 

 

 

HPではまだ数回しか配信してませんので

過去の食育だよりもどこかでアップできたらなと

思っています(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日: カテゴリー 最新情報

食育便り7月号!!

2018年6月30日

こんにちはー!

 

 

 

 

 

今回も配信しております

食育便り7月号】!!

 

 

 

 

今回のテーマは

災害時の備え】です(・∀・)!!

 

 

 

きんえもんの主観も取り入れて書いてますので

是非ごらんになってください♪

投稿日: カテゴリー 最新情報

大阪地震は余震?!万が一に備えて絶対知ってほしい今後の心掛け

2018年6月21日

被災地という言葉がまだまだ頭に浸透しない中

 

 

 

北摂地域の保育園関係の皆様、並びに保育園にお預けされている保護者の皆様は夜も眠れないような不安な気持ちでお過ごしと思います。

 

 

 

こんなにも近く、目と鼻の先で失われてしまった尊い命

 

 

 

心よりご冥福をお祈り致します。

 

 

 

現在では自衛隊による入浴支援等応急対策がなされています。

 

 

■茨木市

■高槻市

 

 

 

さらなる速やかな災害応急対策、復旧対策を切望するとともに

 

 

 

少しでも多くの方へ後の危険性を知っていただきたく更新させて頂きます。

 

 

 

直下型地震とは・・・

 

 

直下型地震とは内陸部にある活断層で発生する、震源の浅い地震人の住む土地の真下で発生する地震とされています。

 

 

 

6月18日に発生しました大阪地震は有馬・高槻断層帯の一部での断層運動により生じた直下型地震とされています。

 

■発生時刻

2018年6月18日 7時58分頃

■震源地

大阪府北部

■最大震度

震度6弱

■位置

緯度 北緯 34.8度
経度 東経 135.6度

■震源

マグニチュード M6.1
深さ 約10km

 

 

この地震の特徴としては、「素早い揺れ」が、壊滅的なダメージにつながるという事です。

 

 

 

防災アラートが遅れた理由は、この素早い揺れが原因であり、文字通り予期せぬ地震だったと言えます。

 

 

 

 

感じられた方もおられると思いますが、東日本大震災の時のような「ゆったりとした長い周期」の揺れではなく、周期1~2秒の素早い揺れでした。

 

 

 

 

このような直下型地震は家屋に決定的なダメージを与えやすい振動とされています。

 

 

 

 

多くの建物が倒壊し、さらに火災の発生を増やすという最悪な被害が予想されます。

 

 

 

マグニチュードと震度

 

 

マグニチュードと震度の違いとは何でしょうか。

 

 

 

「マグニチュード」は、地震そのものの大きさ(規模)を表すものさしです。

 

 

 

一方「震度」は、ある大きさの地震が起きた時のわたしたちが生活している場所での揺れの強さのことを表します。

 

 

 

具体的イメージは下記をご覧ください。

 

 

 

【参考】

 

 

 

震度に関してはその震源地によって変わってくるという事なんですね。

 

 

 

マグニチュードが1増えると、32倍ものエネルギーの違いがあります。

 

 

 

 

南海トラフ大地震

 

 

 

ネットやメディアでも話題となっており

 

 

 

想定される南海トラフ大地震の想定マグニチュードは9.1

 

 

 

 

つまり、今回の大阪地震のおよそ32,000倍の地震と想定されているんです。

 

 

 

 

これはいったいどんなものなのでしょうか・・・

 

 

 

 

まだ記憶に新しい阪神・淡路大震災

 

 

 

 

規模としては(マグニチュード) 7.3、最大震度 7の大地震でした。

 

 

 

 

下記の動画は阪神淡路大震災の際のコンビニのカメラの様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の大阪地震の32倍がこの動画の阪神・淡路大震災と言えるのです。

 

 

 

 

南海トラフ大地震が如何に甚大な被害が想定されるか理解して頂けたかと思います。

 

 

 

 

日本の耐震基準に関して

 

 

昭和56年5月31日以前に建設された物件に関しては旧耐震基準

 

 

 

それ以降に建設された物件に関しては新耐震基準とされています。

 

 

 

保育園を新設する際、小規模保育園のような既存物件での公募が行われる場合

 

 

 

 

必ずこの基準を満たしているかの判断が自治体で行われています。

 

 

 

では建築基準法の「新耐震基準」とは具体的になんなのでしょうか。

 

 

 

新耐震基準とは「大地震が起きても人命に関わる甚大な被害が出ないこと」と言えます。

 

 

 

建物の強度に関しては次のような基準があります。

震度6強から7に達する大規模地震で倒壊・崩壊しないこと
・震度5強程度の中規模地震ではほとんど損傷しないこと

 

 

それまでの旧耐震基準は、震度5強程度の揺れでも建物倒壊せず、破損したとしても補修することで生活が可能な構造基準として設定されています。

 

 

 

国土交通省の「阪神・淡路大震災による建築物等に係る被害」によると、

 

・死者数の大部分が建物等の倒壊が原因
・現在の耐震基準を満たさない昭和56年(1981年)以前の建物に被害が集中

という2点が明記されています。

 

 

具体的には亡くなられた方のの88%が家屋、家具類等の倒壊による圧迫死と思われるものでした。

 

 

 

また旧耐震基準の70%近くの建物が小破から大破以上の被害を受けたのに対し、新耐震基準ではその割合は30%以下まで抑えられていたそうです。

 

 

 

しかし、逆に考え方を変えると今建っている建物は震度7までしか耐えれない

 

 

 

つまり、今回の大阪地震でギリギリなんですね。

 

 

 

上記述べたように、マグニチュードと震源地の関係によってはほとんどの建物が崩壊してしまう可能性があります。

 

 

 

 

地震雲と預言者

 

 

 

地震雲というものをご存知でしょうか?

 

 

 

【転用】電電4@yosyuaomenww

 

 

 

 

 

これはとあるツイッターで投稿された6月17日の地震雲とされています。

 

 

 

 

こういった雲が出た際は近日に地震が起こるとされています。

 

 

 

 

さらにメディアで話題となったジュセリーノという預言者の方をご存知でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

この方は予知夢(予知的明晰夢)による予言ができる予言者として日本の一部マスメディアで一躍話題になった方です。

 

 

 

 

この方の予言として

 

 

 

「2018年6月21日に、東海地方でマグニチュード10.6という強い地震が起き、日本に甚大が被害を受ける」

 

 

 

というものです。

 

 

 

この時期にこんな予言があるとなると不安になってしまって仕方ありません。

 

 

 

 

もちろん、上述の地震雲もこの預言者も根拠という根拠があまりなく、信じるか信じないかは自分次第になってしまいます。

 

 

 

 

ですが、今現在の私たちに言えることは警戒や用心をすることに越したことはないという事です。

 

 

 

 

 

※音量注意

 

 

 

この動画は東日本大震災における地震の発生頻度の動画になります。

 

 

 

 

一度、大きな地震が来た後に、小さな地震が起き、更なる大きな地震が来ていることがわかります。

 

 

 

今まさに!と言っても過言ではありません。

 

 

 

 

現時点での地震情報としては

 

 

 

【引用】

 

 

 

を見てみてください。

 

 

 

小さい余震が現在も起きています。

 

 

 

情報をいち早く取得する為、防災のアプリを取得しておきましょう。

 

 

 


少しでも伝わっていただけたら幸いです。

 

 

 

 

今後、大きな地震が迫っている可能性がないという確証はだれにもわかりません。

 

 

 

 

このブログによって更なる不安を与えてしまっているかもしれません。

 

 

 

 

しかしながら、私たちにはこの事態に備える努力をすることはできます。

 

 

 

 

何をしていいかわからない方はまず調べましょう。

 

 

 

今動いてもまだ間に合います。

 

 

 

◎避難袋を購入する

◎飲料水・食糧を最低1週間分購入する

※飲用水については、1日に大人1人あたり約2リットルの水分が必要

◎お風呂にお湯をためておく・空のペットボトルをストックする

※生活用水に関しては1人あたり約50リットルの水を毎日使用している

◎寝る前はガスの元栓を閉める

◎ライフライン停止に備えカセットコンロを購入しておく

◎倒れる危険性のある物の側で寝ない

◎割れるものを床に置いておく

◎貴重品・衣服(オムツ等も含め)・避難用品をまとめておく

◎車中泊できるよう、車のガソリンは満タンにしておく

 

 

 

 

次の次の対策としても、冷静に考えなければ何もできなくなります。

 

 

 

 

地震の問題だけでなく、二次災害にも備えてください。

 

 

 

 

関西電力によると、稼働している福井県の大飯原発と高浜原発で地震による大きな異常はなかった。

日本原子力発電と日本原子力研究開発機構によると、停止中の敦賀原発や廃炉作業中の高速増殖原型炉もんじゅなど福井県内の原発に大きな異常はない。

近畿大原子力研究所によると、大阪府東大阪市にある研究用原子炉1基に現時点で大きな異常は確認されていない。

 

となっております。

 

 

 

サッカーの影響もあってか地震情報の割に原発に関する情報がほとんどありません。

 

 

 

 

大きな異常がなければ小さな異常はあるのか。

 

 

 

 

もし、万が一大きな地震が起きた際はこういった点もくまなくチェックした上で、行く場所の確保等、事後の対策だけでなく事前に対策できるよう用心してください。

 

 

 

少しの意識で変わることもあります。

 

 

 

どうか用心して頂きますようお願い致します。

 

 

 

長々とお付き合い頂きありがとうございました。

 

 

 

よろしければできるだけ多くの人に拡散をお願いします。

 

 

 

 

投稿日: カテゴリー 最新情報

地震における桜北町保育園グループ各園の登園可能情報に関しまして

2018年6月21日

6月22日(金)の開園に関しまして

 

 

6月18日に発生致しました大阪地震における休園措置を6月21日(木)までとし

 

 

6月22日(金)から登園可能となります。

 

 

さらなる地震の警戒の為、家庭保育が可能の方は家庭保育のご協力をお願いしております。

 

 

搬入や仕入れの関係上、6月21日(金)6月22日(土)に関しましては全園お弁当日となります。

 

 

なお、6月21日(金)と6月22日(土)は、延長保育の時間帯

◎7:00~7:30
◎18:30~19:00

 

上記の時間に関しての延長保育を控えさせて頂きます。

 

 

地震は朝方に起こりやすい傾向にあります。

 

 

 

くれぐれも警戒してください。

投稿日: カテゴリー 最新情報

地震における桜北町保育園グループ各園の休園情報に関しまして

2018年6月20日

6月18日に起きました地震の影響にて、各園のHPにて休園の情報を更新しております。

 

詳細は各園ごとに確認をお願い致します。

 

桜北町第一保育園

http://th-sakura1.com

 

桜北町第二保育園

http://th-sakura2.com

 

桜北町第三保育園

http://th-sakura3.com

 

みのはら桜保育園

http://th-sakura4.com

 

 

ライフライン(電気・ガス・水道)のいずれかが使用できない場合引き続き休園措置となります。

 

現在、復旧されつつありますが、水道水が濁っている等の完全復旧できていない状態です。

 

今後、登園開始になりましても仕入れ・搬入の関係上お弁当日となりますのでご理解をお願い致します。

 

余震が続き安心できないご不安の中ではありますが、大事に備えくれぐれも用心してください。

 

 

 

18日の地震が余震の可能性が高く、東日本大震災や熊本地震の際、48時間以内に同じ震度、またはそれより大きい地震が来ました。

①ガスの元栓を閉める
②割れるものを床に置いておく
③貴重品・飲料水・食糧・衣服等をまとめ近くに置いておく
④お風呂にお湯をためておく

今まさにこの時も一瞬の油断もできない状態です。

 

 

 

色々な見解がメディアで流れていますが、根拠になっているような記事をご紹介します。

 

 

https://www.sora-ten.com/oosaka-jishin-jishingumo-yoshin

 

 

この何日かのお話になります。

 

もう大丈夫!とは思わないよう、くれぐれも用心してください。

投稿日: カテゴリー 最新情報

食育便り5月号!

2018年5月1日

こんにちはー!

きんえもん

 

 

5月1日に更新していますが・・・

 

 

 

5月ってこんな暑かったっけ・・・

と思うようないい天気のスタートですね(=`ェ´=;)ゞ

 

徐々に食欲が落ちていく時期にかかりますので

体調管理は気を付けていきましょう♪

 

 

今回の食育だよりのテーマは

アレルギーの正体!】です(・∀・)!!

 

5月食育だより

 

意外と身近なアレルギーの本質に迫った内容です♪

今月号もよろしくお願いします(`・ω・´)♪

 

 

 

投稿日: カテゴリー 最新情報

食育だより4月号!!

2018年4月3日

きんえもん

 

 

花見のシーズン到来ですね!!

食育便りも春仕様です(`・ω・´)!!

 

 

 

 

食育便り4月号は食育ページもしくは

下の画像から飛ぶことが出来ますよ♪

4月食育だより

 

 

 

今回のテーマは

食事をする時のポイント】です(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

次月号もお楽しみに~~~!!

 

 

 

 

 

 

シェア

投稿日: カテゴリー 最新情報

食育だより3月号

2018年3月2日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちはー!

きんえもんです!!

 

 

ジャジャンッッッ!!

食育だより 3月号

 

食育だより3月号を作成しました(・∀・)!!

 

今回のテーマは【トランス脂肪酸には要注意】です!

 

 

 

 

 

スタッフブログも合わせて読んでみてください♪

 

 

 

 

 

是非是非、見てくださいね( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

 

シェア

 

投稿日: カテゴリー 最新情報