2018年3月

1歳児にあらわれる噛みつきの原因は1つ!!

2018年3月16日

こんにちはー!

きんえもん

 

 

 

 

 

 

 

0歳児の子ども達が気を付けるべきことは

①誤嚥②睡眠中

という説明を前回のブログでさせて頂きました!

 

 

 

 

では、1歳児はどういったことに気を付けるべきか?

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、タイトル通りですね(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

噛みつき

o0480031813937926317

(写真引用:Hoiclueさんより)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらをご覧ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケガ・噛み付き 円グラフ-1

これは実際にきんえもんがあるグループ保育園で

集計をとったものです!

 

 

 

下のグラフは右を4月にしてしまったので

少し見づらいですがご了承を・・・(=`ェ´=;)ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはケガの発生場所を見てみましょう!

ケガは

①すってんころりん、転んだ時の擦り傷

②友達に噛みつかれた噛み傷

③遊んでいる時にゴッチン!!としてしまった打撲

④気づいたらプクーッと本人も気付かずの打撲

などなど、色々なケガが含まれています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中である1人の児に着目して統計を取りました!

 

 

 

ケガ・噛み付き 円グラフ2-1

青色は1歳児の全体のケガの発生率です!

黄色はこの1人の児がキッカケとなった噛みつきによるケガの発生率です。

 

 

8月から11月まで少なくとも1回は

噛みつきによるケガが起きていますね。

 

 

 

これはこの数値だけでなく、

保育士が事前に防げたものはカウントされていないので

実際はもっと噛みつきの未遂は多かったそうです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、なぜ、12月から全く無くなったのか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分かりますか(・∀・)??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、これは

言葉の発達によるもの】です。

 

 

 

 

この児は12月から自分が思う言葉が発せるようになりました。

 

 

 

 

 

噛みつきの起こる状況としては

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の使っていたものが取られた!!

 

返して!!と言いたい!!

 

でも相手には伝わらない!!

 

どうして伝えるのか・・・・

 

そうだ、噛もう!!噛んだら伝わる!!

 

ガブッ

 

 

 

みたいなイメージだと思って頂ければなと思います!

これは言葉の発言が出来ずに噛みついた例ですが

「自分でやりたい!!」と思う時にも噛みつきは起きます。

 

 

 

 

 

「それ、僕が使ってたオモチャだけど君使いたいの?使いたいなら使いたいって言ってから使ってくれるかな?」

 

とは言えません。笑

 

 

 

「お母さん、これ自分でやりたいんだけどどうしてお母さんはやってしまったの?もう一回取り出して僕が直してもいいかな?」

 

とも言えません。笑

 

 

 

 

 

 

この言えないもどかしさ

 

伝えたいことが伝わらないもどかしさ

 

 

 

 

 

 

噛みつきにはこういったことも含まれていると

きんえもんは思います。

 

 

 

 

実際に、大人でも

 

LINEではなかなか伝わらないことがあって

ムズムズした経験はありませんか?

 

でも会って話したらお互い全然思っていた内容と違っていた!なんてことも(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外に行った時、

英語が全然分からないけど行きたいところに行きたい・・・

でもジェスチャーしか使えない時は

 

やっぱりムズムズしますよね(=`ェ´=;)ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

大人でもなかなか言葉を伝えることは難しいです。

 

 

 

 

それは子どもにとってもっと難しいです。

 

 

 

 

 

噛みつきとはその主張をする1つの手です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからって噛みついて良い!!

 

なんてことはありません(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

 

噛みついてしまったら【ごめんなさい

 

 

 

この【ごめんなさい】も

 

「ごめんなさいは?」と言う言い方だと

全く意味がありません。

 

 

この言い方だと子どもはごめんなさいを理解できません

 

 

 

 

「相手の子が泣いているよ」

「お母さん悲しいよ」

「お友達が悲しい時は何て言ったらいいんだろう」

 

こんな声掛けが大事じゃないかなと

きんえもんは凄く思います。

 

 

子どもにも考えてもらう

考えた上で

「(あぁ、僕はいけないことをしていたんだ)ごめんなさい」

と言えるようになればそれは大きな子どもの成長ですね!

 

 

 

その時は「よく言った!!」と褒めましょう(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お友達同士の噛みつきは成長過程で必ずといっても良いほどに起こる現象です。

 

 

 

 

 

 

 

「あぁ、、、うちの子噛みついてしまった、、、申し訳ない、、、」

 

 

 

 

 

 

 

と思うよりも

 

どうすればこの噛みつき期から脱出できるか?

こちらに着目して

噛みつきを乗り越えてほしいなと思います!!

 

 

 

 

 

家で噛み癖がある子に関しては、

意思疎通の噛みつきではなく、

単なる愛情表現やただの癖の場合がありますので

噛みつき行為はお家でも

極力少なくしてほしいなと思います(・∀・)!!

 

お友達を傷つけない為はもちろんのことですが

 

我が子を傷つけない為】にも噛みつきはやめましょう!

いけない事をしていたと分かった時の罪悪感は

子どもも大人も同じですから(=`ェ´=;)ゞ

 

それを1歳2歳の子ども達が味わうのは

自己肯定感を傷つく恐れがありますので。

 

 

 

 

 

家でも結構噛みつきがあるなと思ったら

一度保育園にもご相談下さいね(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

シェア

 

投稿日: カテゴリー スタッフブログ

0歳児の気を付けるべき2つのこと

2018年3月15日

こんにちはー!

きんえもん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、今回もタイトル通り!!

 

0歳児の気を付けるべき2つのこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0歳の子ども達、今回は1歳半までの子たちが

気を付けないといけないことをピックアップしました!!

 

 

 

 

この時期に気を付けなければならないことは

いーーーーっぱいありますよね(=`ェ´=;)ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中でも2つをご紹介させて頂きます(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誤嚥

 

 

 

 

 

 

これは【ごえん】と呼びます!

年長さんクラスのお母さんなら

もう聞き慣れているかもしれませんね!

 

 

 

 

 

 

 

誤嚥とは

飲食物や唾液(だえき)を、誤って食道ではなく気道に飲み込むこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人でもゲホッゲホッ!!

となりますよね(´・ω・`)

 

 

 

 

 

 

 

 

「うぇー、気管に入っ・・・ゲホッゲホッ」

 

で済みますが、子ども達はそうはいきません。

 

 

 

 

 

誤嚥すると、食べ物が通常入ってはいけない気管に入ってしまうことで気管を塞いでしまい、窒息してしまう危険性があります。

食べ物を誤嚥したことにより気道閉塞が生じ、

亡くなってしまうというケースは年々増加しており、

0~4歳も毎年20~30人ほどが亡くなっています。

 

 

 

 

 

 

乳歯の奥歯が生えるのは1歳後半頃で、

乳歯がすべて生え揃うのは3歳頃。

それまでは食べ物を小さく嚙み砕くのが得意ではありません。

 

 

そのため小さな子供は多少大きな食べ物でも

あまり噛まずに丸呑みしてしまい、

誤嚥による事故が起きやすくなります(´・ω・`)

 

 

 

 

 

 

 

子ども達の場合は、

 

パン

ゼリー

果物

から揚げ

そうめん

 

こういったものでも誤嚥し、チアノーゼ状態になる可能性も大いにあります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、誤嚥をしない為には??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良く噛みましょう!!

噛めば唾液の分泌もあり、細かくなり、誤嚥を最大限防げます!

ただ、0-1歳の子ども達はうまく噛めませんので、

最大限のお手伝いをして下さいね(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

乳児期の子たちには歯が生えそろうまで提供物を細かくしましょう!!

1歳頃の子達では基本的には飲み込んでしまうので

刻んで提供して、注意深く見てあげましょう!!

 

保育園では調理員や保育士の先生達と

1人1人にあった食の進め方を実施しているので、

ご家庭で食べる時の気を付けて頂きたいポイントですね(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次注目!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お父さん、寝ながら食べないで!!笑

子ども達はお母さん・お父さんの姿を良く見ています。

お父さんが寝ながらポリポリ食べている様子を見たら、

ついつい子供たちもマネしたくなります。

でも子ども達がもし、寝ながら食べてしまうと、

子ども達のキャパシティでは

すぐに気管に入り、窒息してしまいます。

 

これを食べ物でなく、おもちゃを丸のみしてしまった場合

すごくえらい大変な事態に陥ります。

 

 

これは0-1歳の子だからという訳ではありません!!

年長クラスの子ども達もぜひとも気を付けて欲しいポイントです!!

 

 

 

 

 

 

そうならないように寝ながら食べる姿は

あまり見せない方が良いかもしれませんね(=`ェ´=;)ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大事なポイント其の二!!

 

 

 

 

 

 

 

睡眠時

 

 

 

 

 

 

ここも命に関わる重要なポイントです。

 

 

 

 

皆さん、乳児の事故は【睡眠中】に多いのはご存知でしょうか??

 

SIDSと呼ばれる乳児突然死症候群も睡眠中に起きます。

これに関しては原因が未だに不明です。

 

寝ている時に窒息状態になっていた・・・

 

こんなケースが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

これは、ご家庭で大変気を付けないといけないポイントです。

 

寝る時にうつ伏せで腕がお腹の下敷きになっていた

 

これだけでも子ども達は窒息する可能性があります。

 

 

 

 

 

桜北町保育園グループでは、

平成29年度 睡眠状態点検表

 

このような細かな記録をつけています!!

子ども達がうつ伏せ寝をしていないか、

呼吸はしているか等を見る用紙です。

もしうつ伏せ寝になっていれば

すぐに起きないようにそっと仰向けにして、

手をバンザイにして寝かしつけます(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

 

桜北町保育園グループの0-1歳に関しては

全て小規模保育園施設になりますので、

0歳クラスの子達が全員見えるような配置で

時間の区分関係なく、いつも目を光らせています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、これを家でしようにもなかなか出来ないですもんね・・・。

 

子どもが寝たらお母さんもうたた寝してしまいますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の睡眠時に気を付けて欲しいということを

心の片隅に置いて頂ければ

今回のブログの価値はあったかな!

と思いますので

繊細な0-1歳の子に関しては

繊細な対応をしていきましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

シェア

 

投稿日: カテゴリー スタッフブログ

入園の時期に必見!慣らし保育が絶対に必要である3つの理由

2018年3月15日

こんにちは(*^_^*)

 

 

 

マツゲ園長です!

 

 

 

ちょっとばたつき、更新をさぼってしまいました(・_・;)

 

 

 

 

 

今回のテーマは・・・

 

 

 

 

入園の時期に必見!慣らし保育が絶対に必要である3つの理由

 

 

 

 

 

です!

 

 

 

 

さぁ、来月からいよいよ新年度!

 

 

 

 

入園説明会を終えられた保護者さんも多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

桜北町保育園グループでも入園説明会を終え、いよいよ来月をむかえるのにあたって

 

 

 

 

準備に追われている毎日です!

 

 

 

 

さて、今回のテーマは『慣らし保育の重要性』です。

 

 

 

 

まずはこの記事をご覧ください!

 

 

 

 

http://yodokikaku.sakura.ne.jp/?p=17821

 

 

 

 

 

はかない命が奪われてしまった事件

 

 

 

 

記事の中で

 

 

 

 

小児科医は「保育初日はストレスが掛かりやすく、亡くなるケースが多い」と指摘しています。

 

 

 

 

とあります。

 

 

 

 

保育園に通っている保護者の方でしたら少なくともご存知の方はいると思うのですが

 

 

 

 

乳児突然死症候群(SIDS)というものがあります。

 

 

 

幼児突然死症候群は、何の予兆もないままに、主に1歳未満の健康にみえた乳児に、突然死をもたらす疾患である

 

 

 

これは直接の原因は不明ということが言われているのですが、その中でも要因としてあげられる項目があります。

 

 

 

(1)うつぶせ寝

 

(2)誤嚥による窒息

 

(3)たばこ

 

これらが多く挙げられている内容です。

 

 

 

しかし、どれか単体一つ一つで起こりうるのではなく、3つに共通するのが窒息状態を引き起こす原因になるものということです。

 

 

 

今回ご紹介した記事も、窒息が原因であると記されています。

 

 

 

 

乳児突然死症候群は遠くないものであります。

 

 

 

 

02_01

 

(乳児突然死症候群の推移)

 

 

 

 

近年、減少傾向があるにしても、実はこの高槻市でも起こっているのです。

 

 

 

 

 

こんな話を聞いてしまえば、保護者さんはもちろんの事、現場で働く保育士さん達もすごくご不安になってしまうかもしれませんが、現実の内容です。

 

 

 

 

 

慣らし保育はこういったリスクを最大限に下げるための一つの対策でもあります。

 

 

 

 

私個人的には、必ず慣らし保育を保育園に入園する際に市役所からの案内で義務付けた方がいいと思っています。

 

 

 

 

慣らし保育が必要な理由としましては言うまでもなく

 

 

 

 

 

まずは乳児突然死症候群のリスク低下の為

 

 

 

 

と言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

 

 

 

その次にあげられるのは、この乳児突然死症候群のリスク低下の為にという内容の理由のようなものでもあるのですが

 

 

 

 

 

 

 

ストレス

 

 

 

 

記事の中にも出てきていますが、初日ストレスという言葉が出てきています。

 

 

 

 

 

大人でも考えてみてください。

 

 

 

 

全く知らないところに行かされて、今まであったことのない人と何時間も過ごすと、知れずにストレスを感じるものです。

 

 

 

 

それが0歳時であったら?

 

 

 

精神的にもそうですが、身体的にも誤嚥が起こりやすくなるような状態に向かっていく可能性は上がります。

 

 

 

のども通らない

 

 

 

大人であれば、どういった表現であるか理解できます

 

 

 

 

すさまじいストレスを長時間かけ続けるのを避けるためにも、慣らし保育は行いましょう。

 

 

 

 

 

まかせる

 

 

保育園は託児所ではありません。

 

 

 

生命の維持という使命を持った保育士さん達が、保護者の代わりになり、保護者と一緒にいるように情緒が安定し、養護し、時には叱り、時には慰め、時には一緒に喜びを分かち合います。

 

 

 

 

保育は言葉では表現できない素晴らしい職業です。

 

 

 

 

そのリスクヘッジも計り知れない保育士さん達の努力が必要になってきます。

 

 

 

 

保護者の皆様はそれを単に託児するところと考えないでください。

 

 

 

 

保育園は単に今後継続的に託児する施設では決してありません。

 

 

 

 

目先ではなく、継続性を持った「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」を維持する子どもの環境にとっては非常に大切な場であり、保育者も環境の一部でないといけないと私は思っています。

 

 

 

 

仕事の間『預ける』という感覚ではなく、仕事の間『任せる』という認識の方が正解だと思います。

 

 

 

 

どんな仕事もフルでいきなり任せる人はいないと思います。

 

 

 

 

その感覚に近い気持ちで、ご自身の大切なかけがえのないお子様を『任せる』には、お父さん・お母さんの仕事の都合だけでなく、お子様のコンディションを保育士さん達を含め把握・理解することは重要ではないでしょうか?

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

慣らし保育は是非行ってくださいね(*^_^*)

 

 

 

投稿日: カテゴリー 最新求人情報

アレルギー児の保護者の方が保育園で気にする2つのこと

2018年3月13日

こんにちはー!

 

 

きんえもん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

段々と暖かくなってきましたね~!!

春を迎えて花見のシーズンに突入していきそうですね♪

 

 

 

保育園ではこの3月

 

 

 

 

 

物凄く忙しい!!

 

きんえもんもてんてこ舞い(=`ェ´=;)ゞ

 

各園長たちはもっとてんてこ舞い(‘A`)

 

 

でも保護者の方々に少しでも有益な情報として

保育園を知って頂きたいので

きんえもんは毎日欠かさずブログを更新します(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日はこれだっっ!!

 

アレルギー児の保護者の方が保育園で気にする2つのこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレルギー・・・・

 

きんえもんも献立を作っているのでわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物凄く大変(=`ェ´=;)ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして僕よりも大変なのはご家族。

 

 

 

 

 

 

お母さんはいろんな所に神経を張っていないと

ひょっとした時に誤食してしまい、

外出先で発疹が出た、というケースを体験されたお母さんお父さんもいるのでは無いでしょうか(´・ω・`)

 

 

 

 

「自分は小麦のアレルギーだから小麦類は食べないんだ」

と自ら言う子はそうそう居ませんので

保護者の方が気を配らないといけないポイントですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

気にするポイントとしては何があるのか

 

 

 

 

 

これから桜北町保育園だけでなく、他の園にご入園される方も要チェックです(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレルギーはどんな対応をしてくれるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは重要ですよね!!

 

 

 

桜北町保育園グループでは入園説明会などでも少し説明はさせて頂いてるかと思いますが

 

基本的には完全除去】です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小麦アレルギーの子であれば

1品の中に小麦粉が入った献立が出てきた場合

この小麦粉は【除去】となります。

 

 

 

 

「うちの子はそこまでヒドくないから大丈夫です!!」

 

 

 

 

という場合でも

アレルギー疾患生活管理指導表

での解除が無ければ原則は提供できません。

なので基本的には除去でさせて頂いています!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えー、そんなアレルギー強くないのに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

と思われることが多くあります(´・ω・`)

 

 

 

 

 

確かに、「食べれるのに食べさせてくれない」

という捉え方になってしまいますよね(=`ェ´=;)ゞ

 

 

 

 

 

 

 

でも、ここは細心の注意が必要な部分です。

そして、園として怖い面はここです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その子の提供した物のアレルゲン物質が極端に多かった場合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなんです。ここが怖い(‘A`)

 

 

食事やおやつの提供時の話なんですが

例えば小麦が1人10gの計算で給食を作成したとしましょう!

 

 

その子は10g程度であれば全然問題ないとしても、給食は1回ずつ作る訳ではないので、お皿に盛りつけた時には小麦の提供割合が6gの子もいれば14gの子もいます。

 

 

 

 

 

その子は10gであればOK!!

 

だったとしても、たまたま給食を提供した時に

 

その子の給食には17g含まれていた・・・

 

 

となった場合、もしかしたらその子は発疹が出たり、熱が出たりするかもしれません。

 

 

 

 

 

こうなった場合、困るのは実はお母さんお父さん

 

お迎えに来て病院へ連れて行き、明日も休まないといけないかもしれない・・・・。

 

 

 

 

 

提供すること自体は物凄く簡単なんですが

もし】が起こった場合、大変なのは保護者の方々なんですよ(´・ω・`)

 

 

 

そこを理解して頂いた上で

しっかりとアレルギー疾患生活管理指導表をもとに

病院で診断をして頂いてから

お医者さんも「OK!!」となりましたら

給食の提供をしていきたいと思っています!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ提供物そのものがアレルゲンを含んでいる場合はどうするの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①に連結してここも押さえておくべきポイントですね!!

 

 

 

 

 

 

 

この場合、【代替え】で提供するケースが多いです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いやいや、待って、提供物そのものがアレルゲンを含んでいるってどういう事?きんえもん」

 

 

 

 

 

 

 

となったお母さんお父さんいらっしゃいましたか?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、例とともに紹介しますね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちくわの磯部揚げ

que-1088078730

 

 

 

これ意外と子どもに人気!!笑

 

 

 

 

 

 

意外と人気なのできんえもんも

よく献立に登場させています!!

 

 

 

 

でも、卵アレルギーの子は食べれないんですよねー・・・

 

 

こういった練り物は基本的に提供物(ちくわ自身)が卵白がつなぎとして使用されているので卵アレルギーの子は食べれない!!となる訳なんですね(´・ω・`)

 

 

 

 

 

しかもこの卵アレルギー

0・1・2歳ではアレルギーの子が物凄く多いです。

 

 

 

でもこれを完全除去にしてしまうと

 

 

 

 

que-111088078730

 

 

うちの子、青のりだけ食えってのか?きんえもん!!

 

 

 

 

 

 

 

となりますよね(=`ェ´=;)

 

 

 

お父さん怒らないで(=`ェ´=;)(=`ェ´=;)

 

 

 

 

 

 

そう、アレルギーの種類によっては

完全除去をしてしまうと提供できなくなってしまうものがあります。

 

 

卵アレルギーの子は

ウィンナー・ハム・ベーコン・ちくわ・はんぺん

 

こういった物は全て卵白を使用していますので

保育園ではNG食材になってくるんですね。

800px_COLOURBOX4189902

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも食べたぁぁぁぁい!!!!!

 

 

 

 

 

だって子ども達が好きな食材なんです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という訳で

ウィンナーなら卵のつなぎを使用していないウィンナー

ちくわなら卵のつなぎを使用していないちくわ

 

こういった商品の購入をしています(・∀・)♪

 

 

 

 

 

これならみんな一緒に食べれる(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、完全除去は完全除去ですが

物によっては【代替え】というやり方で

桜北町保育園の給食は成り立っています♪

 

 

ご飯

メインのおかず

煮浸し

ちくわの磯部揚げ

 

この4品の提供なのに、その子だけ3品じゃ

「なんで僕だけ少ないの?」

となっちゃいますからね(=`ェ´=;)ゞ

 

 

 

 

 

ちなみに、桜北町保育園では

小麦粉の使用はたくさんありますが

小麦アレルギーの子が居てもいいように

米粉】のおやつがたくさんあります!!

そして天ぷらも【米粉】を使用することも多いです!!

 

 

 

 

小麦粉と米粉の値段の比較すると

5.5倍くらい高いですけど・・・・(‘A`)

 

 

 

 

 

ここは企業努力の分野ですね(=`ェ´=;)ゞ

 

会社に身を少し切って頂いて、小麦アレルギーの子がいつきても米粉で対応できるような環境にしています!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調理員さんから良くクレームは来てますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きんえもん、

 

 

 

 

 

 

 

一切ブレません!!笑

 

 

 

 

 

 

米粉の調理って思った以上に難しいみたいです(=`ェ´=;)ゞ

舌触りが少し悪くなったり、

天ぷらの衣にしたら揚げてる間に全て剥がれてしまったりするらしいです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごめんなさい調理員さん!!

 

でも子ども達優先でさせて頂きます!!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、なんやかんや言いつつも

調理員さんは「皆が食べれるように!!」

と考えてくれている訳でして、

保育園として一丸となって

アレルギーの子にも美味しく食べて頂けるように

日々頑張っています!!笑

 

 

 

 

 

 

アレルギーの除去と代替えに関しては

理解して頂けましたでしょうか♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しでも不安がある場合は

いつでも保育園に相談してみて下さいね(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェア

投稿日: カテゴリー スタッフブログ

保護者の方々が食事提供で勘違いをしている2つのこと

2018年3月12日

こんにちはー!

きんえもん

 

 

 

 

先週の保育園給食についてはどうでしたかー??

 

きんえもんの独断と偏見が入っているので

全ては参考にせずとも、

桜北町保育園ではこういった事も

気にして取り組んでいるんだ!!

ということだけでも分かって頂けたら幸いです♪

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回は保育園の給食・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではなく【家での食事】について

勘違いをされているのでは無いかな!?

と思いましてこのブログを書いています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが終わる頃には

「あー、なるほどな!」

となって頂ければ良いなと思います♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勘違い①

 

 

保育園給食の位置づけ

 

 

 

 

 

 

 

保育園の給食

 

何が適正量で何が正しいのか

 

実際、わかりませんよね?

 

 

 

 

 

 

ここ、桜北町保育園グループでは

「給食が豊富すぎて、本当に食べれるんですか?!」

という見学者の方がいっぱいいらっしゃいます!!

 

 

確かに、毎日献立にはよりますが

20~30kgほどのお野菜が届き、

4つの園に振り分けをしているのは事実です!

職員の皆さんにも給食が行き渡ったり

保護者の方々がお迎えの時にどんな給食だったか?

見れるように展示食を出したりとしているので

全部が全部、子ども達への提供という訳ではありませんが

 

大体、和食になってくると年長さんで1日あたり150gほどの野菜を摂取する日も多くあります。

 

 

 

 

 

 

厚生労働省は

1日350gの野菜を摂りましょうね~~

と成人の方へは話していますが

実際子ども達はどれくらい摂ったらいいの?

 

って話ですよね(`・ω・´)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、

3歳~5歳の子で【240g】の野菜を摂取しましょう!

と出されています!!

 

 

 

 

大人より半分の身体で野菜の摂取量は

1日240g・・・・・

なかなか厳しいかもしれませんね(´・ω・`)

 

 

 

 

でも、大丈夫!!

 

 

 

 

 

 

 

 

先ほども述べましたが

和食での提供になると多い時で150gの野菜の摂取があります。

そして桜北町保育園では基本ベース和食です!!

 

 

 

 

 

 

そしてそして

 

 

 

 

 

 

 

 

保育園でのおやつも含めた食事提供は

 

1日の約50%の栄養を摂取しようね!

 

ということになっています(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうお分かりですかね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育園で150gの摂取しているので

つまりは家で90gの野菜を摂取すれば

問題無いよー!ということです(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

 

 

ただし、全ての日数が150gでは無いので

その点だけは注意して下さいね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話を戻しましょう!

 

保育園給食の位置づけとしては

【1日の50%は栄養価として吸収してますよ!】

ということなんですが

勘違いされやすい内容として

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなにお野菜も食べたんだ!!じゃあ家では大丈夫だね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さん・お父さん違います(´・ω・`)

 

 

 

 

 

 

保育園はあくまで【ご家庭との連携】が最重要です。

 

 

例えば

 

保育園でいっぱい野菜を子ども達も頑張って食べた!

 

晩御飯、家ではいつもカレーライス。

(カレーライスが悪い訳ではありませんよ!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハッキリ言います。

 

 

 

 

 

 

ダメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、誰が損をするのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは【我が子】です。

 

 

 

 

そこは念頭に置いて頂きたいです!!

 

保育園の給食を間違ったとらえ方をしてしまうと

いくら保育園で野菜を摂取したとしても

その努力は報われません。

報われないのは子どもです。

そこはやはり分って頂きたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育園給食はあくまでも

「ご家庭との連携が必要」になりますので

お家でも野菜の摂取はしていきましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勘違い②

子どもは野菜が嫌いな訳ではない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外でしたか(・∀・)??

 

 

 

 

 

これはあくまで全国ベースの話なので

うちの子は・・・・という方もいらっしゃると思います!!

 

 

 

 

 

きんえもん、気になる記事を見つけまして

 

 

 

 

KAGOME_logo.svg

(引用:カゴメHP)

 

自然を美味しく、楽しくのカゴメさんが調査をされた内容の中で挙げられていた内容です

 

 

 

野菜が好きな子どもは半数以上、好きなのに野菜不足の子どもは9割以上

親の食事に対する意識が子どもの野菜不足に影響している

(Copyright (C) KAGOME CO,. Ltd. All rights reserved.)

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・えっ(=`ェ´=;)

 

 

 

 

ビックリしました。笑

 

 

先ほどの【勘違い①】の内容と少しリンクする部分はあるのですが、

子どもは野菜嫌い」と思っているのは案外、

お母さんやお父さんが思っている【だけ

という事が分かった訳なんですね。

 

 

これも家での野菜の提供が少ないことが原因として挙げられていました!!

 

 

 

 

 

野菜が嫌いだから不足している訳では無く、

提供が無いから必然と不足している訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはいつもきんえもんが言っている

子どもは選択できない】の分野にかかってきますね!

 

 

 

 

 

 

 

野菜があったら食べている訳なので

その環境を子どもに提供することが

親としての役目でもありますね(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは各園を飛び回って

実際に食べ具合を見ているきんえもんの個人的な意見です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな良く食べる!!笑

 

 

 

お母さんやお父さんが思うよりも

ずっとずーーーっと

野菜をいっぱい食べてますよ!!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、ほんまに!!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

きんえもんは栄養価を考えて献立を作っていますが

僕がそうやって色々考えて作っている最終目的は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事を好きになってもらいたい

 

 

 

 

 

 

ここなんですね!!

 

 

 

 

 

 

このきんえもんの目標を通過するには

必ず、桜北町保育園グループを卒園しても

小学校・中学校・高校とこの過程の中で

 

 

 

 

 

 

 

「給食嫌い・・・・食べるの辛い・・・・」

 

 

 

 

 

と思ってほしくない。

 

 

 

 

 

 

ここを一度経験してしまうと

子ども達は物凄く辛いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きんえもんは

その「つらい」は必要無いと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって食事は楽しく食べたいじゃないですか(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勘違い①「保育園給食の位置づけ

勘違い②「子どもは野菜が嫌いな訳ではない

 

 

 

ここの勘違いは解いて頂きたいなと思います!

 

 

 

 

 

 

 

全ては子どもの為。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこは家庭側で言うと【我が子

 

 

 

 

保育園側で言うと【預かる子

 

 

 

 

 

 

 

お母さん・お父さんの立場でも

保育園の立場でも

子どもの為軸という軸はぶれないように

協力して子育てをしていきましょうね(`・ω・´)♪

 

 

 

 

 

 

シェア

投稿日: カテゴリー スタッフブログ

こんな保育園あるの?本当にあるブラック保育園の七不思議

2018年3月9日

こんにちは(^O^)

 

 

 

 

マツゲ園長です!

 

 

 

 

今日のテーマは・・・

 

 

 

 

こんな保育園あるの?本当にあるブラック保育園の七不思議

 

 

 

 

 

ブラック保育園・・・・

 

 

 

 

私の思うブラック保育園の基準にお話ししていきますね☆

 

 

 

 

※これはあくまで、今まで求人活動をしていて、実際に聞いたお話しですので、信じるか信じないかはあなた次第です(笑)

 

 

 

 

 

今まで数々の保育士さん達に出会ってきました!

 

 

 

 

その中で思った一つの共通点があります。

 

 

 

 

『かなり慎重』です。。。

 

 

 

 

それは今まで勤めていた保育園での経験がきっかけなのでしょう(・_・;)

 

 

 

 

夢を描いて晴れてなった保育士

 

 

 

 

新卒で働いて3年~4年くらい

 

 

 

 

とてつもない保育園に出会ってしまった方も少なくないのではないでしょうか?

 

 

 

 

今回は求人活動で知った『マジか・・・』と思うような保育園(※何度も書きますが信じるか信じないかはあなた次第です。)

 

 

 

 

七不思議をご紹介していきます!

 

 

 

 

 

タイムカード

 

まず題名がおかしいですね。

 

 

 

 

でも事実らしいです。

 

 

 

 

でもちょと待って

 

 

 

 

保育園には各自治体の福祉課からの監査があります!

 

 

 

その際に、タイムカードと賃金台帳の提出があるのです!

 

 

 

どうするの?

 

 

 

答えは簡単、園長が各保育士さんの印鑑を保有している!

 

 

 

 

桜北町保育園グループでは、残業なし!持ち帰り禁止!をうたっています。

 

 

 

これは本当に取り組んでいる制度なのですが

 

 

 

こんな話を聞いて、残業なし!って記事を見つけると、残業なし=サービス残業

 

 

 

 

のイメージになりますね。。。

 

 

 

 

かえって悪影響なのがよくわかります!

 

 

 

 

それでも桜北町保育園グループでは残業は本当にありませんよ!!!

 

 

 

 

持ち帰りも禁止しています!

 

 

 

あえて声を大にして言いたい!!!

 

 

 

残業ない保育園だってあるから!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

0歳児

 

 

 

よく考えたもんですよブラック園長(笑)

 

 

 

 

5歳児を担当し、年度末を迎えて、辞めれない=0歳時の担当になりますからね。。。

 

 

 

 

すさまじい辞めさせない作戦ですね(・_・;)

 

 

 

 

職業選択の自由って言葉はいつ日本から消えたのでしょうか。

 

 

 

びっくりですm(_ _)m

 

 

 

 

つけものし

 

 

いやいやいや

 

 

 

 

強烈~

 

 

 

 

めっちゃくさいそうですよ、その漬物

 

 

 

 

 

そこで働く保育士さんはポケットに『漬物袋』と呼ばれるビニール袋を入れており

 

 

 

 

 

園長の目を見計らって漬物を袋にイン!!!

 

 

 

 

もし万が一見つかると・・・

 

 

 

 

すさまじい罵声をあび、大変なしうちがあるようなので、命がけみたいです。。。

 

 

 

もしくは漬物を食するかです。

 

 

 

選択肢は二つ

 

 

 

 

あなたならどうしますか?

 

 

 

 

恐怖でしかない(笑)

 

 

 

 

 

帰宅

 

 

 

 

これはありがちですね~

 

 

 

 

 

かつタイムカードないですから、いつまでいた証明にもなりませんし怖いですね~

 

 

 

 

 

ひざ

 

 

 

 

え!?

 

 

 

何?

 

 

 

忍者ッ!?

 

 

 

 

忍者の話!?

 

 

 

 

怖ッ!!!

 

 

 

どんな独裁の保育園なのでしょうか

 

 

 

 

言葉だけでだいたいどんな園長か想像できますね、、、

 

 

 

 

 

有休

 

 

 

 

それ有給じゃなくただの出勤~

 

 

 

 

 

たぶん法律というものが通用しない環境下の保育園ですねきっと

 

 

 

 

 

逆にすごい

 

 

 

 

 

辞める

 

 

 

 

 

というらしいです。。。

 

 

 

 

 

なんてこった。

 

 

 

 

こんな保育園が本当にあるんですね(+_+)

 

 

 

 

あくまで聞いた話ですが、、、

 

 

 

 

皆さん、こんな保育園で働かないように

 

 

 

 

しっかり見学してくださいね!

 

 

 

 

本当にこんな運営をしていない保育園さんだってたくさんあるんです!

 

 

 

 

それだけは忘れないでください!!!

投稿日: カテゴリー 最新求人情報1 Comment

保育園給食で押さえておきたいポイント第二位!第三位!

2018年3月9日

こんにちはー!

きんえもん

 

 

 

 

 

保育園給食で押さえておきたいポイントの最終日となりました(`・ω・´)!!

 

 

其ノ壱・其ノ弐はいかがでしたでしょうか♪

第一位である【内容は充実しているか

 

 

このポイントにおいて2回にわたり

ブログで紹介させて頂きました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給食の立案から栄養管理までしているきんえもん主観の

保育園給食ポイントでしたので

 

「あ~、そんな目線があったんだ!」

 

というくらいに思って頂ければ良いかなと思います♪

 

 

 

 

 

何も、前回のブログが全てではありませんので

それを少しの参考にして頂ければなと思いますよ(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育園給食で押さえるべきポイント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二位!!

 

 

おやつは手作りかどうか

 

 

です(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

ここもかなり重要です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故重要かって??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さん・お父さん、考えてみてください。

 

 

 

毎日、3時のおやつに市販のおやつを提供した場合・・・・

週5日間も化学物質を食べることになります。

151-e1455863929979

 

乳化剤、人工甘味料、加工でんぷん、膨張剤、カラメル色素、タール系着色料、菓子パンのイーストフード(リン酸二水素アンモニウム、塩化マグネシウム、硫酸カルシウム、 硫酸マグネシウム 、塩化アンモニウム、グルコン酸カリウム、グルコン酸ナトリウム、炭酸アンモニウム、炭酸カリウム、炭酸カルシウム、硫酸アンモニウム、リン酸水素二アンモニウム、 リン酸一水素カルシウム、 リン酸二水素カルシウム、 リン酸三カルシウム 、焼成カルシウム)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きんえもん、

お母さん・お父さんを脅したい訳では無いですよ。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、これらが小さい小さい子ども達の体内に入ったら?

しかもこれは化学物質が主なので

必ず少しずつ身体に蓄積されていきます

 

 

 

 

 

 

 

乳化剤はアレルギー持ちの子をもつお母さんなら

少し気にしたことはありませんでしょうか?

 

 

乳化剤

これは乳製品ではありません。

 

水と油を混ぜる界面活性剤のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・(=`ェ´=;)??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きんえもんは給食関係の仕事について、これを聞いた時に

クエスチョンマークが飛び交いました。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だっておかしくないですか?!?!

 

 

水と油は嫌悪し合う存在、

揚げ物なんかは顔にピチピチ飛んできますよね(=`ェ´=;)

 

 

 

 

 

 

 

それでもって「界面活性剤

 

 

いやいや、これってお掃除に使うものですよ!?

 

界面活性剤で検索してみて下さい。

 

一番上に石鹸などで有名な

大手メーカーの花王さんが出てきます。

(※花王さんのまわし者では無いですが、今回の内容で誤解されてしまうとダメなので言っておきます。花王さんの商品は素晴らしいですよ!!)

 

 

 

 

 

 

 

水と油を混ぜれる界面活性剤を身体に取り込む訳です。

決して良いとは思わないですよね。

なのでこの乳化剤は

乳アレルギーの子でも摂取可能】です

そりゃただの化学物質なんだから(‘A`)

 

 

 

 

 

 

 

 

こういった知識も知ってか知らずかで大きく変わります。

 

僕、きんえもんが常々言わせて頂いていることですが

「大人は選択できても子どもは選択できません」

 

 

大人は「今日頑張ったからチョコレートたーべよ!」

と選択できます。

 

子どもは「今日〇〇食べたい!!」と言うことはできますが、そのご家庭が常々お菓子が出されている環境だったら子どもはそれを当たり前だと思い、常々食べてしまいます。

 

これは子どもは選択できないからです。

この選択できないというのは

身体に良いから悪いからという選択】です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、ブログを見ている皆さん、想像してみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある休日・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は家でまったり(・∀・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝家族で公園へ行き、昼前に帰ってきてお昼ご飯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょーーっと眠たいなぁーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と息子娘とお昼寝・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3時前に起きて「おやつ食べるー?」「うん!」

 

 

 

 

 

 

という会話が終わりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、皆さん何のおやつをどのように出しますか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い浮かべましたか(・∀・)??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①スーパーに売っているクッキーだった人!!

 

 

 

 

 

②スーパーに売っているチョコレートだった人!!

 

 

 

 

 

 

③それらをよりどり集めたものをお皿に出した人!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④・・・・手作りでおやつを作った人・・・・??

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤おにぎりを作って出した人・・・・??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、④⑤は恐らく少ないです。

それは【おやつ=甘いもの=クッキー・ビスケット

だからなんです。

 

 

 

保育園ではおやつとして

おにぎりの提供

お好み焼きの提供

ふかし芋の提供

小魚を甘く煮たものの提供

果物の提供

 

このような提供もしています。

 

おやつは甘いもので無ければならない!!

というのは違いますよ!!

 

 

 

子どものおやつの定義は

1日分の摂取できるカロリーが1回の食事では上限が決まっており、それを分散して吸収できるようにおやつを実施する】なんです。

 

なのでお昼のおやつにおにぎりが出ても

なんら不思議はありません。

逆に無添加なので身体には負担が物凄く少なく、

腹持ちもかなり良いです!!

 

 

 

 

 

おやつ=お菓子ではありません。

おやつ=栄養の吸収と捉えていただいて

これから実践されては如何かなと思います♪

 

 

 

 

 

 

 

つまり、保育園給食で押さえるべきポイントとしては

手作りおやつは週何回あるのか?】ですね(・∀・)

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに桜北町保育園グループでは

きんえもんのプレゼンにより、半年ほど前から

週5日間すべて手作りおやつになりました(`・ω・´)!!

(パチパチパチパチ!!)

 

調理員さんが研修の日

お弁当日で調理員さんがお休みの日

食育会議の日

土曜日の少ない人数の時は調理員さんは少数での調理になりますので

どうしても市販おやつになってしまいますが

それ以外は全て手作りおやつ!!!

 

 

 

でも、それもこれも調理員さんが居てこその案であり、調理員さんの子どもへの想いがあるからこそ出来ることですね。

 

 

 

もし園見学を今から実施される方が見て頂いてましたら

手作りおやつについて聞いても良いと思います(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

では最後!!

 

 

 

保育園給食で押さえるべきポイント

 

 

第三位!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調理員さんの愛はこもっているか

です(・∀・)!!!!笑

 

 

 

ここは比べることは難しいですね!!笑

あと園側もこれを聞かれたらどうして良いかわかりません!!笑

 

難しい部分で答えがなかなかスッと出せない部分ですけど

僕は物凄く重要だと思います!

 

 

重要だと思う点でいうと

①連携が取れていないとアレルギーの子の誤飲誤食が発生してしまう

 

②栄養管理をしているのに必要以上に調味料などを使用して味付けが濃くなる

 

③味の改善をしない

 

全部子どもの為に、です。

僕はこれを「子どもの為軸」と呼んでいまして

これが無いと給食での事故が起きたりします。

 

それを全てひっくるめると

調理員さんの愛】が必要だと感じました!笑

 

 

なので第三位です(・∀・)!!

 

 

これは園に聞かれても説明しづらい部分ではあるので

アレルギー児の子をもつお母さん・お父さんであれば

 

アレルギーの子の把握の仕方、配膳の仕方、そのアレルギーは除去なのか代替えなのか

 

こういったあたりを聞くことが良いと思います♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し長々と話してしまいましたが

きんえもんがお伝えしたい内容は

伝わりましたでしょうか(`・ω・´)♪

 

 

 

 

伝えたいことが多すぎて・・・・(=`ェ´=;)ゞ

 

 

 

 

桜北町保育園グループでは

きんえもんが各園に毎日飛び回っていますので

もし在園児のお母さん・お父さんでご質問があれば

お手紙か食育便りにてご回答させて頂くことは可能です!

なので、もし何かありましたら

所属している園の園長に

一報入れてみて下さいね(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェア

投稿日: カテゴリー スタッフブログ

保育園給食で押さえるべき3つのポイント-其ノ弐-

2018年3月8日

こんにちはー!

きんえもん

 

 

 

前回の-其ノ壱-は如何でしたでしょうか♪

保育園給食って気になるけど

どういった所を気にしたらいいのか

なかなか分からないですよね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は【内容は充実しているか】というポイントにおいて

 

 

和食メインなのか洋食メインなのか

どんな食材が使われているか

サイクルメニューかどうか

果物は週に何度か出ているか

季節を感じる食材があるかどうか

塩分量は適正なのか

 

ここの①と②を前回の記事でご紹介しました♪

 

 

 

 

 

それでは続きのご紹介をしますね(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイクルメニューか日替わりメニューかどうか

 

 

皆さん知らないサイクルメニュー

 

サイクルメニューとは2週間や3週間ごとで同じメニューを繰り返す献立のことです!

 

この目的とは、

 

1、食わず嫌いや嫌いな食材を克服できる

2、生活習慣病のリスクを下げる

3、栄養士の仕事の負担を減少させる

 

こういった目的があるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すみません、

桜北町保育園には関係ありません!笑

 

 

 

きんえもんが献立を作成していますが

サイクルメニューは取り入れていません。

 

 

 

 

ただ、前月に入れたおやつの人気メニューに関しては

翌月も入れたり、新おやつとして開発したものに関しては

子ども達の嗜好の動向の調査もしたりしているので

3か月は必ず出ていたりとそういったことはあります!

 

 

 

 

 

 

このサイクルメニュー

きんえもん的には苦手の克服や生活習慣のリスクを減らす等には繋がらないと思っています。

また、保育園では関係の無い話だと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

では、何が関係ないのか??

 

 

 

 

 

 

 

例えば、人参が苦手な子がいるとしましょう!

サイクルメニューで1日に人参が登場し、

2週間後に人参が登場する・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは現実的に不可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人参は和食をメインとして提供するのであれば

ほとんど毎日出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦手な食材の克服

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2週間後に提供してその時には苦手じゃなくなっている可能性はどれくらいありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

「うわ、また出たわ・・・・残そ」

 

 

 

 

ときんえもんはなります(=`ェ´=;)ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちの給食は和食をメインとしていますので

毎日何種類もの野菜が登場します。

 

おそらく、お母さんやお父さんが思っている以上に桜北町保育園の子ども達は野菜をモリモリ食べています!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嫌いでも毎日登場して、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しでも良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しでも良いから食べて、

それを皆で喜んで、保育士が「凄いね!」と声掛けをして

その子が段々その食材を好きになる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし本当に嫌いであれば、園として

野菜ってどこからどんな風に育って

どのようにして給食としてなっているのか?

 

 

 

実際に目で見て確かめて、その子自身が

「人参さんってこんな風に頑張って育っているんだ!」

と思うことが嫌いから好きへの移行につながります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイクルメニューにしたから苦手を克服できた!!

というのは確率としては物凄く低い話だと思います。

 

 

 

 

 

なので桜北町保育園グループでは

毎日日替わりのメニューで

美味しいお野菜の給食を提供しています♪

S__9248832

(※実際の桜北町保育園の給食の写真です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

果物は週に何度か出ているか

 

 

ここは子どもにとっての「褒美」ですよね!笑

苦手な食材があっても・・・・

 

 

 

「うっ、、、今日はイチゴがある・・・・頑張ろう!!」

 

 

 

となる訳なんですね(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

想像してみてください!

 

大人でも嫌いな食材が目の前にあるけども

デザートとしてキルフェボンがあったら・・・。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YiGNg62nyE51mnG_tLEqq_10

頑張りますよね。笑

 

 

 

子どもも同じですよ(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

 

果物は頑張ったご褒美!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特別にご褒美の果物について裏事情の話をしましょう!!

 

 

 

 

 

保育園では栄養管理というものをキッチリと行っています。

 

 

栄養管理は

 

エネルギー量は月間でこれぐらい

 

塩分量は月間でこれぐらい

 

カルシウムは月間でこれぐらい

 

ビタミンAは月間でこれぐらい

 

 

 

 

これが10種類ほどの管理を今している訳なんですが

果物は極端に少なくても全然成り立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも私たちの献立には

果物がいっぱい入っています。

 

 

 

 

 

それは自然の甘みを知ってほしい想い

頑張ったら美味しいもの食べれるから頑張ろうね!

という想いが詰まっているんです(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

給食費というものも僕は考えないといけないですが

 

ブドウが旬の時期は「ナガノパープル」という巨峰を納品したり、

今月で言えば徳島県産のイチゴを納品したり、

青森県産のリンゴを納品したり、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

そういった果物にもこだわりを持っているので

給食費をかけてでも良い果物を納品しています♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが、

第一園でブドウ狩りに行った時に

ブドウの農家さんと少し話をしたのですが、

「ナガノパープルを納品している保育園ってどんな保育園ですか(笑)」と言われました。笑

 

 

 

 

流通経路も限られている果物みたいなので

それもこれも野菜屋さんが全国的に有名な所だからこそ出来る業ですね(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

なのでしっかりした栄養分を確保する為には

給食を完食すること、

つまりそれに向かえる材料である果物は

週に何回出ているのか見てみても良いと思います♪

 

 

 

 

※給食を完食することが目標ではありませんので、無理やり食べさせてしまうと意味はありませんのでご注意を!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節を感じる食材があるかどうか

 

 

これは先ほどの内容と少しリンクしますね!

 

3月頃だとイチゴ

 

8月~10月頃だとブドウ

 

9月頃だと梨

 

冬はリンゴとミカン

 

こういったように季節を感じる果物であったり

サツマイモのシーズンだと

サツマイモを直で感じれるサツマイモご飯があったりと

季節を感じれる要素があることは重要なことです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故重要なのか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、季節に応じた旬なものは

やっぱり美味しいです!!どの時期よりも美味しい!!

 

 

 

 

 

美味しい時期に美味しいものを食べる

そうすることで【好き】が広がり、

食べることがイコールとして好きになっていきます(・∀・)

 

 

 

 

 

 

そういったことも考えて献立を作っているか作っていないか、そこはきんえもん的に重要ですね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塩分量は適正なのか

 

要は「濃食」ですね!

月間レベルで1日あたりの規定量はしっかりと守れているのか?という資料をきんえもんは作成しているのですが

濃食にならないように管理しているのか大事です!!

 

 

 

 

桜北町保育園グループでは

毎月食育会議を実施して、給食の見直しをしたり

塩分使いすぎてないか?!と前月の使用した塩分量を数値化してみたりしています!!

 

 

 

 

 

ここでお母さん・お父さんが勘違いしやすいポイントとしては「濃食ダメ!薄味!」となっていますが

 

 

 

ダシをしっかりと取ると全体的に薄味ではありません

 

 

 

 

 

 

なのできんえもんは塩分量を計算しながら献立を作って、実際食べてもいますが

「めっちゃ味うすっっ!!」と感じることはなかなかありません!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薄味=味うっす!!ではなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薄味=素材本来の味を出していこーぜー!!オー!!

という訳なんですね(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

私たちはダシにも味をこだわっていますので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金にモノを言わして良いモノを納品しています( ゚д゚ )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではありませんよ!!笑

 

有名メーカーから近場の業者などなど

色々と1年間でダシの改良をした結果、

今の美味しい花かつおと厚削りに辿り着きました(・∀・)!!

 

 

保護者の方々から頂いている給食費を最大限活かして、

進級するにつれ、

嫌いな食材は減り、

好きな食材が増え、

 

小学校に行った時、

桜北町保育園で育った子はみんなモリモリ食べるなぁー!

 

と言われるぐらいになってほしいなと思っています!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども達のお仕事としては

 

食べること!寝ること!遊ぶこと!

 

 

 

 

 

 

 

これが仕事なので

僕、きんえもんは子ども達のお仕事のお手伝いをさせて頂いている訳なんですね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆保育園給食で大事なこと◆

 

 

 

という枠組みで為になればなぁー!

と思ってブログを書きましたが

 

 

 

 

 

きんえもんの想いが強すぎて

桜北町保育園ムサいわ!!笑」とはならずに!!笑

 

 

 

 

これからもブログを見て下さいね(=`ェ´=;)ゞ

 

 

 

 

昨日に引き続き、【内容は充実しているか

という題の中身を紹介しましたので

明日は押さえるべきポイント②と③

同時に配信しますねー(`・ω・´)!!

 

 

 

お楽しみに♪

 

 

 

 

 

 

シェア

投稿日: カテゴリー スタッフブログ

保育士さんがもう保育園では働きたくないと思う3つの共通点

2018年3月7日

おはようございます!!!

 

 

 

 

今日はびっくりするニュースを見つけたので、すぐブログにしたいと思いました(@_@;)

 

 

 

 

本日のテーマはこれだ!!!!

 

 

 

 

保育士さんがもう保育園で働きたくないなと思う3つの共通点

 

 

 

 

まずはこのニュースを見てみてください!!!

 

 

 

 

 

「妊娠の順番」破り勤務先へ謝罪した投書「闇すぎる」と話題

 

 

 

 

 

え!?

 

 

 

 

このご時世にこんなことがあるんですねっていうお話し

 

 

 

 

 

潜在保育士さんのお話しを以前にブログでお話ししました(+_+)

 

 

 

 

 

 

潜在保育士さん達を保育の現場に戻れるような環境づくりを国や自治体も含めて行っている中で

 

 

 

 

 

こういった内容の記事やニュースの方が、潜在保育士さん達には印象深く

 

 

 

 

 

 

共感を得てしまうことが多いのというのは現実ではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

実際現実なのでしょう!

 

 

 

 

 

 

これではいくらお給料が高くても続けたいと思うことは絶対にできないはずですm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

というわけで、保育士さんがもう保育園で働きたくないと思う3つの共通点との一つ目として!!!

 

 

 

 

 

 

■事業主、保育園側のモラルが低すぎる

 

 

です!

 

 

 

 

『産休の順番待ち』『子どもができてすみません』

 

 

 

 

 

何を訳の分からんことを言っているのでしょうか?

 

 

 

 

記事の中にはパワハラ・マタハラという言葉が出てきていますが

 

 

 

 

 

それをはるかに超えたまさに愚の骨頂、あきれてものが言えませんね。。。

 

 

 

 

 

すさまじい憤りを感じます。

 

 

 

 

 

人権の侵害に等しいと思います。

 

 

 

 

保育園のなかの勝手な二人っこ政策ともいえような内容

 

 

 

 

 

これは保育士さん不足が巻き起こしたこととして片付けては絶対にいけません。

 

 

 

 

 

喜ばしい生命の誕生を何故謝らなければならないのかがわからない

 

 

 

 

 

そんな保育園に子どもを見る資格がないどころか、預けたら大変なことになりませんか?

 

 

 

 

同じ保育園の立場として、本当に憤りしかでてきませんね。。。

 

 

 

 

 

■主任ないし役職者のモラルの低さ

 

 

 

一つ目と絡みますが、二つ目としてこれが大きな原因の一つでしょう。

 

 

 

 

 

 

園長が園長であれば、役職者も役職者ですね。

 

 

 

 

 

こういった体制にはまず間違いなくどこかでしわ寄せが来ます。

 

 

 

 

閉鎖的空間で、こういう発想の方々が本当に通用してしまうのが保育園七不思議のひとつですね。

 

 

 

 

 

これが配慮?

 

 

 

 

おかしい話ですよね。

 

 

 

 

 

■閉鎖的空間で訳の分からないルールが多い

 

 

ずばりこの記事の内容ですね。。。

 

 

 

 

 

保育園は閉鎖的になりがちです。

 

 

 

 

 

その私立・公立に至っても、保育園の独自の風習や文化、伝統などがあります。

 

 

 

 

 

時代の流れについていけない、もはやついていかない保育園さんも多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

入園する子ども達も変わりますし、保護者も変わります。

 

 

 

 

もちろん働く人も変わります。

 

 

 

 

その中で、変わらない部分を多く持ち、かつ国の制度や法律ができれば、何かその変わらないものを変えないようにする反動がすべて保育士さん達へ向きます。

 

 

 

 

この記事の内容はまさに上記の内容ではないかと思います。

 

 

 

 

 

リアルタイムで昨日書いたブログで育児休業が2年に伸びました。

 

 

 

 

それ自体を保育士さん水準で阻止しようとする保育園の考えが痛すぎる内容です。

 

 

 

 

広く視野を広げ、長く務めてもらうようにするには、この共通点を抜本的に改革する必要が施設側にあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

すさまじく憤りを感じた内容になってしまいましたが、お許しください!!!!

 

 

 

投稿日: カテゴリー 最新求人情報

保育園給食で押さえるべき3つのポイント-其ノ壱-

2018年3月7日

こんにちはー!

きんえもん

 

 

 

 

 

今回は、保育園を検討されている方

もしくは、ご兄弟が生まれる方にとって

保育園給食ではどんなポイントを押さえたら良いのか?

 

このポイントをきんえもんが思う

大事なポイント3つご紹介しますね♪

 

 

内容がかなり濃いので

3月8日、3月9日までこの内容でいきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の記事ではその1つ目をご紹介します!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

献立や食材発注を行うきんえもんが

保育園給食で押さえるべきポイント

 

 

 

 

 

 

 

 

其の一!!

 

 

 

 

 

 

内容は充実しているか

 

 

 

 

 

 

ここは凄く大事なポイントなので

年度末テスト範囲に出ますよー(・∀・)!!(嘘です)

 

 

 

 

 

 

内容は充実しているか

 

 

 

 

 

ここは複数の意味をたくさん含みます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この充実の意味にはどんな内容が含まれるでしょうか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは

和食メインなのか洋食メインなのか

どんな食材が使われているか

サイクルメニューかどうか

果物は週に何度か出ているか

季節を感じる食材があるかどうか

塩分量は適正なのか

 

 

 

 

 

この「内容が充実しているか」という中身は

きんえもんが思うだけでこれだけの【重要】が

隠されている訳なんですね(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれ少し噛み砕いて説明しますね♪

 

 

 

 

 

 

①和食メインなのか洋食メインなのか

c1609037

(写真:ニチレイから引用)

 

 

 

 

 

 

 

 

これは1番大事です。

 

 

 

 

 

子ども達の味覚の形成は乳幼児、特に0歳~3歳で形成されるといわれています。その時期に洋食をメインとして食べていると素材の味の濃さではなく、調味としての味の濃さを覚えます。スパゲティであったりピザであったり、少ない分量でカロリーを多く取れる【濃食慣れ】に陥る訳なんですね。

ケチャップやチーズなどの高カロリーなものに慣れてしまうとダシ本来の味という物は毛嫌いするようになります。

 

そうならない為にもしっかりと和食をメインとして献立を立て、洋食は誕生日会やその月の中でカレーが2回出てきたりすることが無いように配分して洋食を提供している等、しっかりと決まりを持っているのかどうか保育園給食で大事な見極めポイントですね!

 

洋食はやはり子ども達も大好きです。

 

和食を食べた子が「完食できたよー!」と

洋食を食べた子が「完食できたよー!」と言うのでは

凄みが違うということをお母さん・お父さんには感じて欲しい部分ですね(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

ちなみに、私たちは②で紹介するお野菜屋さんの特殊な連携でお野菜を届けてもらってい兼ね合いもあり、連休明けや連休中日は仕入れることが出来ないです。

 

その時は簡易給食という扱いとなり、麺類やカレーなど入れていますのでその点についてはご了承頂きたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②どんな食材が使われているか

 

きんえもん・・・実はここで物凄く苦労しました。笑

 

少し余談ではありますがきんえもんが桜北町保育園グループに来たとき、しっかりと提携している業者の方がおらず、毎日毎日スーパーへ買い出しに行って食材を買っていた時期もありました。

 

(野菜業者さん不足で他の保育園さんでは今でもスーパーに買いに行っている園さんはたくさん居ます)

 

 

 

野菜業者の方へ100件・200件と電話をかけては

「エリア外なので・・・・」や

「その規模ではちょっと・・・・」と言われて

 

 

高槻市から掛け始め・・・

 

 

大阪全域に電話を掛け・・・

 

 

全国レベルで配送をされている業者がある東京都・秋田県へも電話をし・・・

 

 

京都・奈良と掛けて・・・

 

 

やっと辿り着いたのが

兵庫県の宝塚にある三佐和商店さんでした。

 

 

 

 

三佐和商店さんも最初は「ちょっと難しいですね・・・・」

と断りを受けたのですが、

物凄く残念そうなきんえもんの声が担当者の方に強く残ったみたいで翌日に電話を掛けて下さって、

 

 

 

 

「やっぱり子ども達に良い食材を食べさせてあげたいので、どうにか手伝わして下さい!!」

 

 

 

 

と言って頂き、何とか特殊な体制を整えることが出来て

今の子ども達に良い食材を提供できている!!

という訳なんですね(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

きんえもんの良いお野菜を食べてもらいたい想い

 

野菜屋さんの子ども達には良いお野菜で育って欲しいという想いがマッチして

 

今の桜北町保育園の食材が成り立っています。

 

毎日食べる物だからこそ

どんな食材なのか気にしないといけない所ですね!

 

 

 

野菜屋さんを全面的に公表できるところ

桜北町保育園としての自慢です(`・ω・´)!!

 

↓が今お取引させて頂いているお野菜屋さんです♪

logo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し長くなってしまいましたので

内容は充実しているか

この内容は明日に続きの

③サイクルメニューかどうか

④果物は週に何度か出ているか

⑤季節を感じる食材があるかどうか

⑥塩分量は適正なのか

 

 

 

ここの説明をしますね♪

 

 

 

大事なポイント其ノ二、其ノ三は

3月9日にアップしますので

また明日と明後日も見に来て下さいね(`・ω・´)!!

 

 

 

 

 

 

 

シェア

 

投稿日: カテゴリー スタッフブログ